本文へスキップ

ミニシアター通信平家物語 > (44)軍勢の移動

(44)軍勢の移動

参照回数:

 ただ一人残った筑後守・平貞能を、清盛が呼び出し、「重盛は何を思って、西八条の侍たちを呼び集めたのだろう。今朝ここで申したように、この浄海のもとへ討手を差し向けるつもりか」と言いました。

 貞能は、はらはらと涙を流し、「そのようなことを申すのは人によりたまえ。重盛殿にかぎってはそのようなことはございません。今朝ここで言ったことを、すでに後悔していさえおられるかもしれません」と涙をはらはらと流しながら言いました。

 平清盛は、重盛と仲たがいしては具合が悪いと思ったのでしょうか、法皇を連れ出そうと思う心もやわらぎ、急いで、腹に巻いた鎧を脱ぎ、白い絹衣に袈裟をうちかけて、気乗りもしない念仏誦経をしていました。

(2011年10月13日)


平家物語のあらすじと登場人物




運営会社

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→ about us (問い合わせ) 



平家物語のあらすじと登場人物