本文へスキップ

同志社香里高校が日本高校ダンス部選手権・ビッグクラスで連覇、登美丘高校の作品を「見たからこそ自分たちも頑張ろうと思いました」

2018年8月18 0時40分 参照回数:

同志社香里高校

同志社香里高校 (写真:竹内みちまろ、2018年8月17日、パシフィコ横浜)


 高校ダンス部日本一を決定する第11回 日本高校ダンス部選手権「スーパーカップ DANCE STADIUM」全国大会が2018年8月16日(スモールクラス/2〜12名)と17日(ビッグクラス/13〜40名)にパシフィコ横浜で開催。ビッグクラスでは同志社香里高校(大阪)が2連覇を果たした。




【同志社香里高等学校】


 囲み取材に応じた同志社香里高校のメンバーは、「練習が楽しかったかと言われたら、みんな、毎日がそうではなかったと思う部分があります。自分たちで作り上げている分、ほかの学校さんと比べたら踊り込んでいる時間がぜんぜん足りませんでした。それを乗り越えたかなと思います」と振り返った。

 昨年の大会で“バブリーダンス”を披露して一躍話題となった登美丘高校ダンス部は今大会には王座奪還をかけて臨んできた。登美丘高校ダンス部のすごさを尋ねられると、「尊敬しているのですが、誰が見てもすごいと思える作品」とコメント。出場順が同志社香里高校よりも早かった登美丘高校の演技は会場で見たそうで、「ちょっと不安になった部分もあるのですが、それを見たからこそ自分たちも頑張ろうと思いました」と心境を明かした。

 「自分たちの強みは自分たちで作品を作っていることかなと思います。普通に考えたらマイナスのことかなと思うのですが、自分たちで作っているからこそ、過程を全部知っています。舞台に立って表現をするときに出てくるものが違います。そこが強いかなと思います」と笑顔。

 同志社香里高校は4回大会から6回大会まで3連覇を成し遂げているが、今回の大会で引退する3年生は、「伝統もあり、3連覇を目指せること自体がすごく幸せなことなので、それをプレッシャーに感じすぎずに頑張ってほしいなと思います」と下級生たちにエールを送った。(竹内みちまろ)

【同志社香里高校】
振付:同校ダンス部

【第11回 日本高校ダンス部選手権「スーパーカップ DANCE STADIUM」全国大会・ビッグクラス結果】
優勝:同志社香里高等学校(大阪)
準優勝:大阪府立久米田高等学校(大阪)
優秀賞:(出場順)
神奈川県立市ケ尾高等学校(神奈川)
山村国際高等学校(埼玉)
大阪府立堺西高等学校(大阪)
大阪府立箕面高等学校(大阪)
大阪府立登美丘高等学校(大阪)
奈良市立一条高等学校(奈良)
審査員特別賞:東京都立大森高等学校(東京)
エースコックスーパーカップ特別賞:日本体育大学荏原高等学校(東京)
ワン・ダイニング特別賞:京都府立山城高等学校(京都)
産経新聞社賞:横浜創英高等学校(神奈川)
(社)ストリートダンス協会賞:大阪府立渋谷高等学校(大阪)


→ 大阪府立久米田高校「マドンナ」を表現し準優勝【第11回日本高校ダンス部選手権・ビッグクラス】


→ トップとの差に挑む高校ダンス部の戦い、狛江高校&山村国際高校インタビュー



同志社香里高校

同志社香里高校 (写真:竹内みちまろ、2018年8月17日、パシフィコ横浜)


→ 大阪府立久米田高校「マドンナ」を表現し準優勝【第11回日本高校ダンス部選手権・ビッグクラス】


→ トップとの差に挑む高校ダンス部の戦い、狛江高校&山村国際高校インタビュー


「ダンス」の記事一覧



運営会社

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→ about us (問い合わせ) 



ミニシアター通信