本文へスキップ

UNIDOL、ダンスが上手いだけでは勝てない? 上智大学SPH mellmuseインタビュー

2017年9月5日 21時20分 参照回数:

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)


 女子大生によるアイドルコピーダンスグループ日本一を決定する「UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA 決勝戦」が2017年8月29日、都内のライブハウス・新木場STUDIO COASTにて開催された。

 10回目を迎えたUNIDOL(ユニドル)は、全国5都市(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌)で予選を開催し、60大学70チームが出場。予選を勝ち抜いた14チームと、敗者復活戦を勝ち抜いた2チーム、スペシャル枠で出場権を獲得した1チームの合計17チームが決勝戦に挑んだ。

 UNIDOLの第1回大会から出場を続ける強豪チーム・SPH mellmuse(上智大学)は、1年生から4年生までの16人で決勝戦のステージに臨んだ。深夜練習をやらないSPH mellmuseは、6月に予選を突破してからすぐに本選の準備に入り、午前中の9時から12時までと時間を決めて、8月はほぼ休みなしで練習を重ねた。

 SPH mellmuse・UNIDOLチームのリーダー「さきにゃむ」(3年生/13期/20歳)は、「お客さんに『このチームはすごいぞ!』と思わせるのは最初の5秒だと思います。その5秒で『強そう』ということを見せられるように練習を重ねました」といい、「4曲をやるのですが、曲のつなぎの部分も、ただの転換ではなくて、8分間の中の1秒として考えました。みんなが曲ごとに違う自分を見せられるように頑張りました」と振り返った。

SPH mellmuse(上智大学)さりぃ、さきにゃむ (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)


 優勝を目標に挑んだ決勝戦だったが、SPH mellmuseの結果は3位。イベント終了後、「さきにゃむ」は「悔しいです」と涙を流した。「1位、2位のチームに劣っているところをしっかりと見つけて、改善していきたいです」と唇を噛み締め、「何大会か入賞していなかったのですが、少しは前に進めているかなと思います」とチームへの思いを言葉にした。

 SPH mellmuseの今後については、「さきにゃむ」は、「SPH mellmuseには『お客様のために、お客様と共に』という理念があるのですがそれを守り、パフォーマンスに妥協せず、活動を続けて行きたいと思います」と意気込みを言葉に。また、「10月3日に、SPH mellmuseのワンマンライブを、AKIBAカルチャーズ劇場で開催します。決勝戦が終わってから約1か月後で、ツメツメで練習をするのですが、まずはそれを成功させたいです」とも。SPH mellmuseが学外でワンマンライブを開催するのは、特定の年代の卒業イベントを除くと初の試みで、「『来てよかった』と絶対に言って頂けるライブにしますので、ご来場ください」と声を弾ませた。

 UNIDOLの決勝戦は初出場となった「さりぃ」(1年生/15期/18歳)はステージを振り返り、「予選と比べると、お客さんの反応やサイリウムの数などがぜんぜん違いました。UNIDOLは大会の回数が多くはないので、(新木場STUDIO COASTクラスのステージに)慣れることは難しいと思うのですが、そういう会場を楽しめるようになれたらいいなと思います」と抱負を語った。

 「さりぃ」は、高校時代は部活でジャズダンスをやっており、関東圏での大会で準優勝した経験も。文化祭などではヒップホップもやったそうだが、アイドルが好きな「さりぃ」がモーニング娘。などアイドルの楽曲を提案しても一度も採用されたことがないそう。

 「ずっと、アイドルの曲で踊ってみたいと思っていました」という「さりぃ」は、SPH mellmuseに入り、本格的なアイドルコピーダンスを初めて経験した。感想を尋ねてみると、「配置は技量だけで決まるのではなく、『このパートはこの人だ!』というのがありました。ダンスが上手な人が16人集まっても、チームとしていいパフォーマンスができるわけではありません。ダンスが上手い人を16人集めて勝ちたかったら、ダンスの大会に出ればいいわけで、よく言われるのは『ダンスが下手だけど輝く人は輝く』ということです。そこがアイドルコピーダンスの難しさでもあり、面白さでもあると思いました。奥が深いです」。

 現在1年生の「さりぃ」は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の夏を大学4年生として迎える。大学生たちの間で東京オリンピック・パラリンピックが話題になることがあるのかを質問してみると、「就活が終わっていたら、オリンピック・パラリンピックの手伝いをしたいなどと話すことはあります」とのこと。「さりぃ」は、「2020年の夏には、オリンピック・パラリンピック関連のイベントも開催されると思います。そんなイベントに、SPH mellmuseとして出演して、何かできたらいいなと思います」と夢を膨らませた。(竹内みちまろ)



→ 上智大学 SPH mellmuse(Twitter)



→ ユニドルに“アイドル性”は必要? 上智大学のSPH mellmuseにインタビュー



→ “女子大生アイドル”って何? ユニドル優勝の明治大学「Copia」に聞いてみた




インタビュー


SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)

SPH mellmuse(上智大学)

SPH mellmuse(上智大学) (写真:竹内みちまろ、2017年8月29日、新木場STUDIO COAST)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



イベントの様子 (提供写真)



→ ユニドルに“アイドル性”は必要? 上智大学のSPH mellmuseにインタビュー



→ ユニドルはどんな気持ちでステージに立つ? 上智大学・SPH mellmuseインタビュー



→ “女子大生アイドル”って何? ユニドル優勝の明治大学「Copia」に聞いてみた




インタビュー









運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 






ミニシアター通信(TOP)