本文へスキップ

早稲田のユニドル「ももキュン」インタビュー、「アイドルごっこでしょ?」と言われて悔しかった

2016年6月18日 20時25分 参照回数:


ももキュン☆

ももキュン☆ (写真:竹内みちまろ、2016年6月13日、新宿ReNYにて)


 女子大学生によるアイドルコピーダンスサークル日本一を決定するコンテスト「UNIDOL2016 Summer」の決勝大会が2016年8月30日に、東京・新木場Studio Coastにて開催される。

 2012年に第1回大会が開催されたユニドルだが、近年は急速に知名度を増している。そんなユニドルに出場するチームはどのように結成され、どんな思いを持ってステージに立っているのか。

 関東予選(6月13日〜15日、東京・新宿ReNY)を突破して「UNIDOL2016 Summer」決勝大会に駒を進めた、早稲田大学・所沢キャンパスのアイドルコピーダンスサークル「ももキュン☆」に話を聞いた。

 ももキュン☆は、2014年5月に、メンバーの「かれん」(3年/20歳)ともう1人の友人が3人のメンバーを集め、5人で結成された。アイドルとダンスが大好きだった「かれん」ともう1人のメンバーは、キャンパスにアイドルコピーダンスをやるサークルがなかったため、いったんはダンスサークルに入った。しかし、アイドルコピーダンスを諦めきれず、2人で「ももキュン☆」を立ち上げることを決意。「かれん」は、ユニドルというコンテストの存在は知らなかったが、もう1人の友人が高校生の頃からユニドルの存在を知っており、「ももキュン☆はユニドルに出場するために作られたサークルです」(かれん)。

 結成後、ももキュン☆は、2014年10月に開催された「Fresh大会」(初出場チームや既存チームの1年生のみが参加できる新人戦)にてユニドル初出場を果たし、以降、年に2回開催されるユニドル本大会に出場している。

 ユニドルのステージについて、「みほりん」(3年/20歳)は、「アイドルダンスは、かわいく見せたり、かっこよく見せたり、曲によって表情が違ったりします。7分半の持ち時間の間に色々な曲をやって、表情も変えていかなければならないところが難しいです。でも、表現をどれだけ人に見せられるかということは楽しいことですし、踊っていて本当に楽しいです。私は新体操をやっていたのですが、新体操を止めてから、自分が出会った頑張れるものがユニドルでした」と話してくれた。

 予選のパフォーマンスを終えた「ゆっぴ」(3年/20歳)は、「(自身の出場が)2回目のステージでしたので余裕を持って踊れました。楽しかったです。お客さんの顔はよく見えました」と感想を言葉に。「りな」(2年/19歳)は、「今までで1番楽しいステージでした。ありがとうございました」と笑顔を弾けさせた。

 「アイドルに特に興味があるわけではない人たちはユニドルの存在を知っている?」と尋ねてみると、リーダーの「ももか」(3年/22歳)は、「私から言わなければ知らなかった人が多かったです。また、ユニドルとはどんなものなのかを説明しても、初めは、なかなか分かってもらえなかったです」と教えてくれた。

 「かれん」は、 「(ユニドルの話をすると)“お遊び”だと思われることが多いです。『アイドル、やってるんでしょ!』とからかわれたこともあります」と体験を口に。「ももか」は、ユニドルに打ち込んでいる女子大生と周りの人達との間の「認識の差を感じます」といい、「『アイドルごっこでしょ?』と言われて悔しかったです。私達は本気なので」とユニドルにかける女子大生たちの気落ちを教えてくれた。

 ユニドルはどんな存在なのかが伝わり辛いようだが、1年前と比べて周囲の反応が変わったかを質問すると、「ももか」は、「1年前の夏の予選も出たのですが、その時よりも、『ユニドル、出るんだって!』と声を掛けてもらえることが多くなりました」と笑顔を見せた。「ユニドルがテレビ番組で特集されたのを見た友達が『見たよ!』と言ってくれたこともあります」(みほりん)とも。

 8月30日の決勝大会の目標について、「ももか」は、「入賞です!」と目を輝かせた。「ももか」は、「次回以降の大会は、就活に入ってしまう3年生が出場できるか分かりませんので、最後のつもりで全力投球でいきます!」と意気込みを言葉にし、「ユニドルは女子大生の本気が見られる場所だと思います。私達の本気の姿を見て、勇気とか、元気をもらってほしいなと思います。ぜひ一度、観に気てください。はまると思います!」とメッセージを送った。

 「女子大生の本気が見られる場所」というユニドル。まだ体験したことがない方は、ぜひ、8月30日に、新木場Studio Coastに足を運んでみては。(インタビュー・文=竹内みちまろ)



→ “女子大生アイドル”って何? ユニドル優勝の明治大学「Copia」に聞いてみた


→ ユニドル優勝のTomboys☆(東洋大学)、なぜ強い?


→ ユニドルってアイドルなの? Tomboys(東洋大学)に聞いてみた


→ 「ユニドルの始め方」が分からない女子大生へ、実行委員からメッセージ


東京アイドル通信







運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ)