ミニシアター通信


ユニドル、慶應・ICUなどから初出場チームが続出!


2016年6月16日 3時30分 参照回数:


さよならモラトリアム(慶應義塾大学)

さよならモラトリアム(慶應義塾大学) (写真:竹内みちまろ、2016年6月15日、新宿ReNYにて)


 女子大学生によるアイドルコピーダンスサークル日本一を決定するイベント「UNIDOL(ユニドル)2016 Summer」(8月30日/新木場Studio Coast)に出場するチームを決定する関東予選が2016年6月13日から15日までの3日間に渡り、ライブハウス・新宿ReNY(東京)にて開催された。過去最高の35チームが出場し、熱戦を繰り広げた。

 ユニドルとは「UNIversity iDOL」に由来。2012年度に第1回大会が開催され、今回で第8回。2015年度のイベント総動員数は1万5千人を記録し、近年は急速に知名度を増している。大学生の枠組みを越えて、高校生やアイドルファンの間でも話題になっている。

 今回の関東予選は、出場の35チームのうち、「さよならモラトリアム」(慶應義塾大学)、「ICUメルティングぽっと」(国際基督教大学)、「夢見る乙女の青春ちゅ→」(中央大学)、「こもんズ!」(立教大学)をはじめ17チームが初出場。3月まで高校生だった新1年生によって結成されたチームもあり、フレッシュなパフォーマンスで会場を魅了した。

 「ダンス」「個性」「表現力」「演出」「魅了度」を審査員が厳正に審査し、来場したファンによる投票を加えて、8月30日の決勝戦に出場する9チームが決定した。(竹内みちまろ)

【決勝戦出場権獲得チーム】

SPH mellmuse(上智大学)、ももキュン(早稲田大学) 、winK(北里大学)、Tomboys☆ (東洋大学)、Copia(明治大学)、kimowota☆7(法政大学)、成城彼女(成城大学)、Candy holic(大妻女子大学)、さよならモラトリアム(慶應義塾大学)


→ 「ユニドルの始め方」が分からない女子大生へ、実行委員からメッセージ

→ ユニドル、国内展開の次は海外進出か

→ ユニドル、予選突破には何が必要? 明治大学Ameijing☆インタビュー

→ 早稲田のユニドル「ももキュン」インタビュー、「アイドルごっこでしょ?」と言われて悔しかった


ミニシアター通信