本文へスキップ

アイドルヲタク文化は東京オリンピックにどう関わる? 東洋大学のダンスサークルが振りコピでさっそく“出場”!

2017年6月20日 23時30分 参照回数:

Tomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)


 2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会へ向けて、様々な活動が本格化している。リオ五輪の閉会式にて安倍首相がスーパーマリオのパフォーマンスを披露したこともあり、東京五輪では、アニメやゲーム、マンガやコスプレなど日本発のカルチャーがスポットライトを浴びることが予想されている。

 そんな中、アイドルヲタク文化は、東京五輪にどう関わっていくのか。

 女子大生によるアイドルコピーダンスコンテスト「UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA 関東予選」の1日目(2017年6月11日)に会場の新宿ReNYにて、出場した東洋大学朝霞キャンパスのダンススサークル・Tomboys☆のメンバー3人(ちゃんるみ/3年生・代表、えりか/2年生、ゆうぽん/2年生)に話を聞いた。

Tomboys☆

左から:ゆうぽん、ちゃんるみ、えりか/東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)


 今回で10回目となるUNIDOL(ユニドル)は、日本の女性アイドルの楽曲のコピーダンスをステージ上で行いパフォーマンスを競う大会。Tomboys☆は第7回大会と第9回大会にて全国優勝を果たしている。

 そのTomboys☆だが、なんと、2017年6月24日に明治学院大学白金キャンパスにて開催される、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会主催の大学連携'17イベント「Tokyo2020学園祭」に出場することが決定している。

 「Tokyo2020学園祭」は、組織委員会が提携する大学に呼び掛けて出場者を募り、ステージにて、かつて近代オリンピックの競技の1つだった「芸術競技」をアレンジし、さまざまなジャンルで競い合うパフォーマンスバトルを行うというもの。ダンス、アカペラ、和太鼓など異種格闘技戦の様相を呈するイベントで、早稲田大学からは男子チアリーディングの「SHOCKERS」も登場する。

 Tomboys☆のメンバー3人に、「Tokyo2020学園祭」に出場する意気込みを聞いた。

ちゃんるみ:組織委員会から東洋大学にお声がけ頂いて、大学の事務課の方から「やってみない?」と誘われました。アイドルコピーダンスのパフォーマンスで参加するのはTomboys☆だけです。アイドルという文化は日本独自のものなので、この機会に広めていけたらいいなと思います。アイドルの振りコピーというのは遊びでやっていると思われたり、馬鹿にされがちですが、こんなに本気でやっているのだよという姿を見せたいです。

えりか:UNIDOLの関東予選が終わって、時間が少ない中での出場なのですが、2020年のために私たちの活動も知ってもらいたいですし、他の人たちの活動も知って、2020年のときに一緒に盛り上げていけるよう、練習も、本番も頑張りたいと思います。

ゆうぽん:東京オリンピック・パラリンピックに少し関わることができて、誇らしいです。私たちの活動を色々な人に知ってもらって、盛り上げたいと思います。そのために、感謝の気持ちを込めて全力で踊ります。

 「2020年の東京オリンピック・パラリンピックの本大会にも何らかの形で参加したいですか?」と尋ねてみると、ちゃんるみさんは「オリンピックが東京で開催されるのは一生に一度かもしれませんので、ぜひ、参加してみたいです」と声を弾ませた。(インタビュー・文:竹内みちまろ)

【関東予選を終えたコメント】

ちゃんるみ:今年はTomboys☆に新1年生が10人ほど入りました。現在のメンバーは、1年生から4年生で25人ほどです。その中から、ユニドルには有志で参加しています。今回の予選は3年生1人と2年生8人で出場しました。他の3、4年生は実習や就職活動の関係で出場することができませんでした。Tomboys☆は、実習など学課のカリキュラムの関係で、上級生が夏の大会に出場できないことが多く、「Tomboys☆は夏に弱い」と言われてしまっているのですが、2度とそう言わせないように、今回の予選を1位通過して決勝大会で優勝したいです。

えりか:出場順が3番目で早い方だったのですが、お客さんも笑顔で見てくれて、練習の時にみんなで気を付けようと言っていたことが自分の中ではできていたかなと思いますので、結果に繋がればいいなと思います。(第9回大会/2017年2月の冬大会で優勝した反響は?)優勝したときはまだ1年生だったのですが、周りの友達もTomboys☆の活動を知らない人が多かったです。ただ、友達に話をすると「今度は見に行きたい」と言ってくれて、今日も見に来てくれました。Tomboys☆の活動に興味を持ってもらえるようになったなと思います。

ゆうぽん:出場前はいつも緊張するのですが、今日は、出た瞬間にお客さんが会場をすごく盛り上げてくれて、一気にTomboys☆の雰囲気になりました。その中で踊ることがすごく楽しかったです。今回も踊り終わったとに「やりきったな」と思うことができました。お客さんに感謝しています。


→ 東洋大学のTomboys☆(Twitter)


→ ユニドル優勝のTomboys☆(東洋大学)、なぜ強い?


→ “神7世代”の女の子たちが大学生になって単独公演を開催、アイドルカルチャーの最前線がすごい!


東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)

東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)

東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)

東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)

東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)

東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)

東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)

東洋大学のTomboys☆

東洋大学のTomboys☆ (写真:竹内みちまろ、2017年6月11日、新宿ReNYにて)



→ ユニドル優勝のTomboys☆(東洋大学)、なぜ強い?


→ ユニドルってアイドルなの? Tomboys(東洋大学)に聞いてみた


→ ユニドルに“アイドル性”は必要? 上智大学のSPH mellmuseにインタビュー


→ “神7世代”の女の子たちが大学生になって単独公演を開催、アイドルカルチャーの最前線がすごい!



インタビュー








運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ)