【UFC】中井りん、ミーシャ・テイトに判定負けで初黒星


2014年9月20日 23時39分 参照回数:


中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手

中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手 (撮影:竹内みちまろ 2014年9月20日 さいたまスーパーアリーナにて)


 総合格闘技の「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014」が2014年9月20日、さいたまスーパーアリーナで開催され、UFC初参戦となる中井りん選手(27)が、強豪ミーシャ・テイト選手(28・アメリカ)と対戦し、0-3で判定負けをした。中井選手はプロ18戦目にして初黒星を喫した。

 試合後、取材スペースに姿を現した中井選手は、「ぜんぜん負けていないと思います。むしろ勝っていると思います。判定が間違っていると思いますので、提訴したいと思っています」と判定に納得がいかないことを明かした。バックマウント、チョーク、テイクダウンの回数などを指摘し、「アグレッシブに攻めていたと思いますので、納得がいっていないです。ぜんぜん、負けていないと思います」と改めて判定への不服を口にした。

 一方、日本で開催された初の女子選手によるUFCの試合で勝利を飾ったミーシャ・テイト選手は、「以前と比べて打撃を思い通りに駆使することができました。ファンにとっても見応えのあるファイトが展開できたと思います」と喜びを語った。中井選手のパワー対策として、男性を相手に練習を重ねたことを明かし、「レスリングのディフェンスという意味で以前の私よりも向上しました」「中井選手を仕留めたいと思ったのですが、そこで、勝ちを焦ると墓穴を掘ってしまいますので、慎重に行きました。中井選手は打たれ強く、今まで負けたことのない選手です。無理して仕留めるのではなく、打撃の応酬でも、中井選手のパワフルな打撃を食らわない一番いい距離を保ち続けることができました」と振り返った。

 ミーシャ・テイト選手は、「日本には今までに数々の優秀な女子の総合格闘技の選手がいました。すばらしい技術と力を持っているのですが、世界的にはまったく注目されずにきました。その日本で、自分が最初のUFCの女子の試合ができたことを誇りに思います。このことが単なる刺激ではなく、楽しんで注目され、女子の総合格闘技の成長につながれば嬉しいです」とメッセージを送った。(竹内みちまろ)

中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手

中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手 (撮影:竹内みちまろ 2014年9月20日 さいたまスーパーアリーナにて)

中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手

取材スペースで悔しさをにじませる中井りん選手 (撮影:竹内みちまろ 2014年9月20日 さいたまスーパーアリーナにて)

中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手

オフィシャル スコア カード − 中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手 (UFC提供)


→ 筋肉アイドル・才木玲佳、中井りんとタッグ結成…「筋肉担当」と並ぶ“新たな担当”をゲット?!

→ 【UFC】中井りん「日本人、アジア人女性の格闘技の未来を切り開くためにやります」

→ 【UFC】ミーシャ・テイト、中井りんは「勝てる相手」

→ 【UFC】中井りんと対戦するミーシャ・テイト「相手にとって不足はない」


ミニシアター通信