本文へスキップ

UNIBOY2017、青学「A-SRY」が初優勝! 会場はイケメンファンの女の子で熱狂

2017年6月16日 19時50分 参照回数:

UNIBOY2017

UNIBOY2017、優勝した「A-SRY」(青山学院大学) (写真:竹内みちまろ、2017年6月13日、渋谷RUIDO.K2にて)


 大学対抗男子大学生アイドル日本一決定戦「UNIBOY(ユニボーイ)2017」が2017年6月13日に渋谷RUIDO.K2にて開催され、「A-SRY」(青山学院大学)が初優勝を飾った。準優勝はソロユニットの「ぬぬぬのままま」(中央大学)。

 2016年5月から始まり今回で3回目となった「UNIBOY」は普段はダンスサークルに所属している人、アイドルのファンや兄弟イベントのUNIDOLを応援する人など様々な大学生が出場し、1日だけスポットライトの下で輝くアイドルコンテスト。今大会は6チームが出場し、審査員によるダンス、個性、表現力、演出、魅了度の審査に、来場者の投票を加えて順位が決定した。

【UNIBOY2017出場チーム】
A-SRY(青山学院大学)
#HashK(慶應義塾大学)
ぬぬぬのままま(中央大学)
CK.nakazA(国士舘大学)
Not Less(成城大学)
RIKUTO(和光大学)

 会場は、兄弟イベントとなる女子大生によるアイドルコピーダンスコンテスト「UNIDOL(ユニドル)」の出場者や関係者をはじめ、ゲストパフォーマンスを披露したイケメンダンスヴォーカルユニット「Rush×300」のファンなど、若い女性で埋め尽くされた。

 今回のUNIBOYでは、出場チームは、ジャニーズアイドルをはじめ、EXILEのグループやAAAなどの楽曲でパフォーマンスを行い、出場者たちの一挙一動に黄色い声援が飛び交い続けた。アイドルやイケメン、様々なライブ現場をこよなく愛するファンたちの出場者に向けた視線は温かく、大会は、大盛況の内に幕を下ろした。

 次回大会は、初の夏大会となる「UNIBOY2017 Summer」。男性アイドルが好きな女子や、イケメンのパフォーマンスに熱狂したい女の子は、ぜひ、会場に足を運んで欲しい。(竹内みちまろ)



→ ユニボーイに期待することは? 青学の「A-SRY」インタビュー


→ ユニボーイ、大会の“男性アイドル化”で女子大生が熱狂?


→ ユニボーイ2016が熱狂、男子大学生がアイドル界に旋風を巻き起こす?


→ ユニボーイ、明治大学「Tea Time6」が優勝!



UNIBOY2017

UNIBOY2017 (写真:竹内みちまろ、2017年6月13日、渋谷RUIDO.K2にて)

UNIBOY2017

UNIBOY2017 (写真:竹内みちまろ、2017年6月13日、渋谷RUIDO.K2にて)

UNIBOY2017

UNIBOY2017 (写真:竹内みちまろ、2017年6月13日、渋谷RUIDO.K2にて)




→ ユニボーイに期待することは? 青学の「A-SRY」インタビュー


→ ユニボーイ、大会の“男性アイドル化”で女子大生が熱狂?


→ ユニボーイ2016が熱狂、男子大学生がアイドル界に旋風を巻き起こす?


→ ユニボーイ、明治大学「Tea Time6」が優勝!


ミニシアター通信







運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ)