ミニシアター通信


アキバの「発掘!グラドル文化祭」がリニューアル!手束真知子が運営をやって知ったこととは?


2017年1月13日 22時50分 参照回数:



発掘!グラドル文化祭

発掘!グラドル文化祭 (写真:竹内みちまろ、2017年1月12日)

もっと写真を見る(全2枚)


 ミスマガジン2004としてグラビア業界で人気を博し、SKE48やSDN48で活動後、現在もグラビアアイドルとして活躍中の手束真知子が2015年10月に“グラビアアイドルが文化祭をしている”というコンセプトで秋葉原にオープンしたカフェ「発掘!グラドル文化祭」。グラビアアイドルに会えるお店として話題となっている。

 その「発掘!グラドル文化祭」が2017年1月13日に、グラドルが水着で「むぎゅむぎゅ」してくれるお店としてリニューアルオープンした。期待の新サービス「むぎゅむぎゅ」とは何なのか。手束に話を聞いた。

 「むぎゅむぎゅ」は、新名物の「むぎゅパンケーキ」(1500円)を注文すると、店員である水着姿(基本ビキニ)のグラドルが、目の前で谷間をグイッと寄せて「むぎゅむぎゅ」してくれるというもの。手束いわく「メイドさんの“萌え萌えキュン”のイメージで、水着姿の胸を、あなただけに向けて、“むぎゅ、むぎゅ”と寄せてくれます」。

 「むぎゅむぎゅ」の魅力を尋ねると、「1回、“むぎゅむぎゅ”を体験してしまうと、それがないと、『ああ、俺の中の“むぎゅむぎゅ”が足りない!』となるようなパワーを持っています」とのこと。「“1(イチ)むぎゅむぎゅ”のパワーは何日くらいもちますか?」との質問には、「1週間はもたないと思います。5日くらいだと思います」と目を輝かせた。

 リニューアルの目玉としては、「コスチュームタイム」(19:30〜)が毎日行われること。その時間は、グラドルたちが水着や、ランジェリーや、コスプレ姿で接客する。撮影タイムでは、その姿のままで写真撮影が可能だ。リニューアルのコンセプトを手束は「ずばり、“近づく”です!」といい、「今までと入場料などの値段は一緒です。入場料で水着撮影ができる仕組みになっています。水着を撮影できるお店は聞かないので、“秋葉原初”かもしれません」とにっこり。

 「発掘!グラドル文化祭」は、「30歳までに形として何かを残す」と考えていた手束が1人で会社を設立し、食品衛生管理者などの資格を取得。店舗スペースが決まってからは、内装やサービスなども自分で考え、グラドルたちに声を掛けてできたお店だ。オープンして1年4か月目となったが、現在も「何から何まで1人でやっています(笑)」とのこと。

 そんな手束に「経営者になって初めて分かったことはある?」と質問してみた。

「やはり、女の子をまとめることの大変さです。私もグループにいたときは、『あの子が気に入られているのだ!』とか思っていました。でも、運営側になってみて、気に入られる子は、気に入られる子なりにちゃんとやっているということが分かりました」

「“気に入られる努力”って大事だなと思いました。グループアイドルをやっていたときは、気に入られる努力は恥ずかしいと思っていましたし、ダサイと感じていました。それで、気に入られる努力をすることができなかったのですが、それをダサイと感じることなく、ちゃんとやっておけば、グループ時代に、もっと前に行けたのかな……、運営の人たちと仲良くなれたのかな……、など色々と感じるようになりました」

 「『気に入られる努力』とは、お店で店員としてがんばること?」と尋ねてみた。

「お店で一生懸命がんばることはもちろんなのですが、それだけじゃダメだと思います。グループ時代は、運営の人と連絡を取っているメンバーを見て『あれはズルだ!』みたいに思っていたのです。でも、今は、そういうことをどんどんやって、交流を作っていくべきだなと思っています。『ごはん、連れていってくださいよ!』でも何でもいいから。言われた方が、かわいく感じますし。グループ時代はそういうことを言わず、陰で努力ばかりをしていて、それで『誰も見てくれない!』と思っていました。見せて行かないとダメなのだなということが運営側を経験してみて初めて分かりました」

 「SKE48時代も、SDN48時代も、陰で努力を重ねて劇場公演でがんばっていたと思いますが、それだけでは足りなかったと思いますか?」と聞いてみると、「足りなかったと思います。一生懸命、日々、ダンスレッスンに通っていたのですが、もっと大事なことが他にもあったなと思います」と答えてくれた。

 現在、「発掘!グラドル文化祭」では21人のグラドルが活躍している。「女の子を管理するのは大変?」と投げ掛けると「大変です」とのこと。「でも、幸いにも、みんないい子たちばかりです。メンバー同士で支え合ってくれたりとかしています」と笑顔を弾けさせた。

 新サービス「むぎゅむぎゅ」をひっさげて、水着姿のグラドルとお話ができる(写真撮影もできる!)「発掘!グラドル文化祭」。体験したことがない人は、足を運んでみては。(竹内みちまろ)


【店舗概要】
リニューアル開店日:2017年1月13日
住所:東京都外神田3-8-5 イサミヤ第2ビル4F
営業時間:水〜金/17:00〜23:00、土日/15:00〜23:00、月火/定休
業態:カフェ、軽食、撮影会など
メニュー:入場3000円〜(撮影料込)、むぎゅパンケーキ1500円、など
HP:http://guradorubunkasai.net


発掘!グラドル文化祭

発掘!グラドル文化祭 (写真:竹内みちまろ、2017年1月12日)


もっと写真を見る(全2枚)




→ グラドルが店員の常設店舗「発掘!グラドル文化祭」が秋葉原にオープン!

→ 手束真知子の挑戦、グラドルが秋葉原で壁を超えたい!

→ 「萌え」とは何か? @ほぉ〜むカフェのhitomiに聞いてみた

→ 野田彩加、岸明日香、倉持由香、安藤遥、菜乃花らグラドル40名がコスプレファッションショーで百花繚乱!

→ アキバの魅力とは? 妹カフェ・プティスールの「あん。」に聞いてみた

→ “メイドカフェ文化”の発展のために何が必要? @ほぉ〜むカフェhitomiインタビュー


ミニシアター通信