ミニシアター通信 > 東京アイドル通信 >


ユニボーイ、明治大学「Tea Time6」が優勝!


2016年5月25日 3時50分 参照回数:


Tea Time6(明治大学)
Tea Time6(明治大学) (写真:竹内みちまろ、2016年5月24日、新宿ReNYにて)


 初開催となる男子大学生アイドルコピーダンスサークル日本一決定戦「UNIBOY2016(ユニボーイ2016)」が2016年5月24日、東京・新宿ReNYにて開催され、7大学から9チームが出場。明治大学の6人組「Tea Time6」が優勝し、初代チャンピオンの栄冠を手にした。準優勝は、法政大学の3人組「茶道部fromアイ文研」。

 初回大会となった今回の「ユニボーイ2016」は、10分間の持ち時間で、日本の男性アイドルや女性アイドルのコピーダンスパフォーマンスを行い、「ダンス」「個性」「表現力」「演出」「魅了度」を審査員が判定。来場者による投票を加えて、最終順位が決定する。10分間の中では、コピーダンス以外にも、アピールタイムを利用して自分たちをアピールすることができ、エンターテインメント性が強い点が特徴だ。

 出場したのは、以下の9チーム。(出演順)

Fox=Fox(江戸川大学)
OTAGU(青山学院大学)
東大Cherrypot(東京大学)
CK.nakazA(国士舘大学)
Tea Time6(明治大学)
WINGS(早稲田大学)
トコタイなんて呼ばないで(早稲田大学)
Setsuryoboys(早稲田大学)
茶道部fromアイ文研(法政大学)

 各チームがコピーしたアーティストは、SMAPや嵐、関ジャニ∞、Sexy Zone、Kis-My-Ft2、Hey!Say!JUMPなどジャニーズアイドルをはじめ、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、AAAなど。女性アイドルでは、乃木坂46、でんぱ組.inc、℃-ute、BABY METAL、ラブライブ!のμ'sら。東京大学の6人組「東大Cherrypot」がセーラー服姿で登場し、「セーラー服を脱がさないで」(おニャン子クラブ)を披露して会場を盛り上げる一幕もあった。

 明治大学のダンスサークルのメンバー6人で結成された「Tea Time6」は、「大器晩成」(アンジュルム)、「Monster」(嵐)、「エビバディ」(Da-iCE)の3曲でステージを構成。かわいいからカッコイイまで、それぞれのメンバーが個性を生かしながら、一体感のあるパフォーマンスを作り上げ、会場のハートを掴んだ。

 9チームの中から見事優勝した明治大学「Tea Time6」には、UNIDOL2016 Summer決勝への出演権が贈られた。「Tea Time6」は優勝後、「今となっては達成感でいっぱいですが、上手くいくことばかりじゃなく、様々な葛藤もありました。ですが協力してくれる人たちに支えられ優勝を手にすることができました。優勝発表で名前が呼ばれた瞬間は一生忘れられません。このメンバーが大好きです。優勝へ導いてくれた皆様、本当にありがとうございました!」と喜びと感謝を言葉にした。(竹内みちまろ)


→ ユニボーイ2016が熱狂、男子大学生がアイドル界に旋風を巻き起こす?

→ ユニボーイ、大会の“男性アイドル化”で女子大生が熱狂?

→ ユニボーイに期待することは? 青学の「A-SRY」インタビュー




ミニシアター通信


Copyright(c) 2016 mini theater tuushin. All Rights Reserved.