ミニシアター通信 > 東京アイドル通信 >


AKB48チーム8、シークレットライブで“女子高生アイドル”たちへエール


2015年8月10日 22時10分 参照回数:


AKB48チーム8
AKB48チーム8 (撮影:竹内みちまろ、2015年8月10日、日テレホールにて)


 AKB48チーム8が、2015年8月10日、東京・日テレホールにて開催された「Highdol(ハイドル)2015〜夏休み〜」にシークレットゲストとして出演し、“女子高生アイドル”たちへエールを送った。

 「Highdol(ハイドル)」とは、High school Idol(ハイスクールアイドル)に由来。人気の女子大生アイドルコピーダンスサークル日本一決定戦「UNIDOL(ユニドル)」の姉妹イベントとして今回が初開催。普段は制服を着て学校に通う女子高生たちが、この日だけは、華やかな衣装を身に着け、「ダンス」「表現力」「構成」「一体感」「魅了度」の5項目で審査されるアイドルコピーダンスステージでレベルを競う。7組の現役高校生のアイドルチームが出演した。

 チーム8はこの日は、16名のメンバーがシークレットゲストとして登場。会場内が暗転し、AKB48のオーバーチュアが流れ始めると会場内が熱狂した。チーム8は、「47の素敵な町へ」「希望的リフレイン」「ポニーテールとシュシュ」「制服の羽根」「ハロウィン・ナイト」の5曲を披露。メンバーは、「みなさん一緒に盛り上がってくれて楽しかったです」とにっこり。

 また、メンバーたちはHighdol本選に出演した高校生アイドルたちのパフォーマンスを見ていたといい、「刺激にもなりましたので、これからチーム8で頑張っていきたいと思います」とそのレベルの高さに感化された様子。「いつか一緒に踊れたらいいなと思いました」と女子高生たちへエールを送った。(竹内みちまろ)




ミニシアター通信


Copyright(c) 2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved.