本文へスキップ


現役女子大生アイドルグループ「カレッジ・コスモス」がメジャーデビュー、山木梨沙「唯一無二のグループとして」

2019年3月7日 23時20分 参照回数:



カレッジ・コスモス(写真:竹内みちまろ、2019年3月6日、サンシャインシティ噴水広場にて)

 現役女子大生24名のアイドルグループ「カレッジ・コスモス」が2019年3月6日にデビューシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」(トリプルA面)をリリース。同日、東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場にて、発売記念イベントを開催した。



カレッジ・コスモス

 これまでの「アイドル=偶像」のイメージを塗り替える新しいアイドルの形を求めて誕生した「カレッジ・コスモス」は、『大学で学びながらアイドル活動をします!』をキャッチフレーズに、知性派アイドルと呼ばれる存在になることをめざす。

 この日は、「言葉の水を濾過したい」、「記号なんかじゃない私たちは」、「夢は意地悪」の3曲を披露した。

 「言葉の水を濾過したい」は昨年秋に開催されたお披露目イベントの際にもパフォーマンスを披露した楽曲。「記号なんかじゃない私たちは」はダンサブルな楽曲で切れのあるダンスも行った。「夢は意地悪」は、卓球Tリーグ「木下マイスター東京」、「木下アビエル神奈川」の公式応援ソングに決定し、同チームの公式サポーターとして各試合会場を盛り上げている。

 パフォーマンスを終えて、松井まり(中央大学)は、「メジャーデビューをするという気持ちが今日の朝までまったくありませんでした。今、終わってみて、メジャーデビューをするのだとう気持ちがじわじわとわいてきました。とても、緊張しましたが、とてもたくさんの方に観て頂いて嬉しい気持ちでいっぱいです」と心境を言葉にした。

 秋月香七(慶應義塾大学)は、「小さなころから憧れていたアイドルとしてのメジャーデビューだったので、緊張したのですが、楽しんでパフォーマンスをすることができました」とにっこり。

 山木梨沙(慶應義塾大学)は、「現役女子大生アイドルグループという、おそらく過去に例が無いであろう唯一無二のグループとしてがんばっていきますので、応援をよろしくお願いします」と意気込みを言葉にした。(竹内みちまろ)


→ 女子大生アイドルグループ「カレッジ・コスモス」がドキドキの初パフォーマンス、松井まり「少しでも楽しんで頂けていれば」


→ 現役女子大生アイドル「カレッジ・コスモス」、卓球・Tリーグの「木下マイスター東京」「木下アビエル神奈川」公式サポーターに就任!



東京アイドル通信


運営会社

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→ about us (問い合わせ) 



ミニシアター通信