+
本文へスキップ

七海ひろきらがサイボーク戦士を熱演!舞台「サイボーグ009」が開幕

2024年5月18日

s

舞台「サイボーグ009」(撮影:竹内みちまろ)

 舞台「サイボーグ009」が2024年5月18日、東京・日本青年館ホールにて開幕した(5月26日まで)。

 同作は、2024年で誕生60周年を迎える石ノ森章太郎(※石ノ森章太郎の「ノ」の字は、約60%縮小が正式表記)のSF漫画作品「サイボーグ009」の初の舞台化作品で、世界各地から集められ、戦争兵器として改造手術を受けた9人のサイボーグ戦士それぞれが悩み、哀しみを背負いながらも、世界の平和のために力を合わせ悪と戦う物語。

 演出は、 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stageをはじめ、「進撃の巨人」-the Musical-など大人気タイトルの舞台化で演出を担当し、自身のアーティストとしての経験から斬新かつ独創的な演出を手掛ける新進気鋭のクリエイター・植木豪。脚本は、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the StageやMANKAI STAGE『A3!』シリーズなど人気原作の舞台化の脚本を数多く担当し、2.5次元作品のファンから熱い支持を受けている亀田真二郎。数々の作品でタッグを組んできた亀田真二郎と植木豪で、「サイボーグ009」を現代に解き放つ。

 主演の009/島村ジョーを演じるのは、元宝塚歌劇団男役スターで、現在は俳優として舞台やドラマへ出演し、声優としても人気作に多数出演するなど、多方面で活躍している七海ひろき。他、若手から実力派俳優、世界的に活躍しているダンサーなど多彩なメンバーが勢揃いし、長年愛され続けている「サイボーグ009」を舞台として新たに観客に届ける。

(C)石森プロ (C)舞台「サイボーグ009」製作委員会


ミニシアター通信TOP