NMB48薮下柊は「敏感娘」? 須藤凜々花が指摘


2016年1月29日 22時20分 参照回数:



薮下柊

薮下柊 (写真:竹内みちまろ、2016年1月29日、TOHOシネマズ日本橋にて)


 NMB48初のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」(1月29日公開)の初日舞台挨拶が2016年1月29日、東京・TOHOシネマズ日本橋にて開催され、山本彩、渡辺美優紀、白間美瑠、矢倉楓子、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉、沖田彩華が出演した。

 劇中で描かれている結成からの6年間を、山本は、「1日、1日が、1瞬、1瞬で、あっという間の6年間でした」と振り返った。渡辺は、劇中に映された総選挙の場面を見て、「すごく色々なシーンがあって、新しくまた頑張りたいなと思いました」、「メンバーが悩んでいるシーンを見て共感したり、『こういう葛藤もあって、それぞれのメンバーが戦っているのだな』と思うと、すごく応援したい気持ちもあるし、一緒に頑張って行きたいなという気持ちも益々、生まれました」と笑顔を見せた。

 サプライズでの急きょ登壇となった矢倉は、劇中に、家族とのシーンがあるという。MCからは「ちょっと、キュンときたりもしたのですが」と振られたが、舞台挨拶終了後に観客が本編を観ることに配慮したためか、内容には触れず、「お寿司を食べながら撮影していたのですけれど、そこのお寿司が本当に美味しくて」とにっこり。「今まで食べたお寿司で一番おいしいというくらい、一番おいしかった!」と振り返った。

 矢倉の話を聞いた渋谷が「何の具が一番おいしかった?」と身を乗り出すと、矢倉は「サーモン!」と即答。渋谷が「いいなあ」と羨望のまなざしを向けると、矢倉は、「口の中でサーモンがとろけながらお話をしていたのですが、美味しかった」とにっこり。

 薮下は、「MCからお笑いには非常に敏感だとうかがっていますが」と振られると、「そんなハードルを上げないで下さいよ」と悲鳴。さらに、須藤から「敏感娘!」と声を掛けられるとと、「やめろや!」と返し、笑いを誘った。

 そんな薮下は、本編での詳しい内容には触れなかったが、「なんと、私も楓子さんみたいに、家族で撮影をしたんですよ」と告白。「家族みんなで、お好み焼きをつくって、阪神戦を見て阪神をみんなで応援するという平和なシーンを撮ったのですが、それが映っているのか、映っていないのか、いつかDVDになるのかは分からないのですが、楽しみにしていただけたらいいなと思います」とアピール。

 イベントでは、サプライズで、同作が香港国際映画祭(3月21日〜4月4日)の「I See it My Way」部門へ出品されることが発表された。国際的な映画祭への出品はAKB48グループのドキュメンタリーシリーズを通して初の快挙。白間は、「今、香港と聞いて、食べ物が浮かびましたね。しゅうまい! ごま団子! 小籠包! とかね。食べたいですね!」と食欲をみなぎらせた。NMB48のメンバーたちが香港に行くのかどうかは未定のようだが、メンバーたちは「行きたーい!」と歓喜した。(竹内みちまろ)

→ NMB48白間美瑠のボケに、渋谷凪咲が厳しいツッコミ!

→ HKT48上野遥&坂口理子、舞台挨拶で歓喜「夢のような場所に」

→ HKT48・指原莉乃、田島芽瑠&朝長美桜から絶賛され動揺?「なに、この…」

→ HKT48多田愛佳「裸になりたい」!? 炎天下のTIFで熱狂のライブ!


ミニシアター通信