HKT48・指原莉乃、田島芽瑠&朝長美桜から絶賛され動揺?「なに、この…」


2016年1月29日 20時20分 参照回数:



HKT48

「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」舞台挨拶 (写真:竹内みちまろ、2016年1月29日、TOHOシネマズ日本橋にて)


 HKT48初のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」(1月29日公開)の初日舞台挨拶が2016年1月29日、東京・TOHOシネマズ日本橋にて開催され、HKT48から指原莉乃、上野遥、坂口理子、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子が登壇した。

 同作の監督を務めたのは、指原。マイクを持つと、「自分が何か月か制作に励んできた作品がこうやって皆さんに見てもらえるなんて、本当に夢のようです。ずっと家で作業していたあの映像がこうやって大きなスクリーンになって全国に届くのだなと、今とてもビックリしています」と初監督作品が初日を迎えた心境を言葉にした。

 そんな指原だが、劇中には、指原自身も驚いた場面が収められているそうだ。指原は、「HKT48の選抜メンバーをどうやって決めるかという選抜会議にカメラだけ入れさせてもらったのですが、その交渉をするのが非常に大変でした」と告白。「たぶん、秋元(康)さんにしても、見られたくない一面というか、見せていいのだろうかという一面だったと思うので」とも。「その交渉の結果をぜひ皆さんに見て頂きたいと思います」と、同作には、指原自身も内容を知らなかったという、秋元氏も参加のHKT48選抜メンバー選考会議の様子が紹介されていることを明かした。

 HKT48・2期生の田島は、「(先輩である1期生たちの)見たことのない一面がたくさんありました」と完成版を見た驚きを語った。具体的には、「1期生さんの(HKT48劇場での)初日が終わった後に、秋元先生からアドバイスを受けているシーンがあったじゃないですか。そういうシーンを知らなかったので」と明かした。「『ああ、秋元先生、福岡に来たんだ!』と思いました」と続けたが、指原が「初日に来なかったら薄情者でしょ!」とツッコミを入れ、そのやり取りに爆笑が沸き起こった。

 同じく2期生の朝長は、指原がインタビュアーを務めたインタビューで緊張したという。「指原さんとあまり2人で真剣な話をしたことがなくて、初めてだったので正直、怖くて、怯えていて、手汗がすごいし」とインタビュー時の状況を振り返った。だが、「さぐり、さぐり、話して行ったのですけど、指原さんは本当に、やはり監督さんだからお話が上手だし、今まで美桜が話したことのない本音を自然と出しちゃいましたし、自然と涙も流れてきて、自分でも驚きました」と指原を絶賛。

 指原は「ありがとう!」と感動の様子で恐縮していたが、朝長の言葉を受けた田島が「引き出すのが上手いですよね。メンバーの心を!」とさらに指原を絶賛すると、指原は、「なに、この2期の持ち上げ感は!」とジョークを交えて笑いを誘い、会場を盛り上げた。 

 イベントには、HTK48のドキュメンタリー映画と同日公開となるNMB48の「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」から、山本彩、渡辺美優紀、白間美瑠、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉、沖田彩華も出演した。(竹内みちまろ)

→ HKT48上野遥&坂口理子、舞台挨拶で歓喜「夢のような場所に」

→ HKT48多田愛佳「裸になりたい」!? 炎天下のTIFで熱狂のライブ!

→ NMB48白間美瑠のボケに、渋谷凪咲が厳しいツッコミ!


ミニシアター通信