HKT48上野遥&坂口理子、舞台挨拶で歓喜「夢のような場所に」


2016年1月29日 19時30分 参照回数:



HKT48上野遥

舞台挨拶で涙を見せたHKT48上野遥 (写真:竹内みちまろ、2016年1月29日、TOHOシネマズ日本橋にて)


 HKT48初のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」(1月29日公開)の初日舞台挨拶が2016年1月29日、東京・TOHOシネマズ日本橋にて開催され、上野遥、坂口理子、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子、監督の指原莉乃が出席した。

 同作には、坂口理子が6thシングル『しぇからしか!』の選抜メンバーとしてファンに発表される場面が収録されているという。

 「福岡県出身21歳、大人の色気を放出ちゅうぅ〜」と魅力全開で挨拶した坂口は、ファンたちが坂口の初の選抜入りを歓喜する姿を収めた映像を見て、「ファンの方も喜んでいる姿は(自分たちと)一緒なのだなと思って嬉しかったです」と笑顔を見せた。

 ファンへの発表に先立ち、尾崎支配人がメンバーたちに選抜メンバーを告げる場面については、「尾崎さんがメンバーに最初に発表するシーンって、なかなかファンの方にお見せしない部分」と紹介。続けて、「実はメイキングのカメラが私の方向に向いているのに気付いてしまったんですよ、発表する前に。『ああ、カメラで録られている』と思って。自分が入るのではないかと思うのではなくて、私が6回目の選抜落ちする瞬間をカメラでおさえようとしているのではないかと思って、『なんて残酷な世界なんだ!』と思っていたのですけど、名前が呼ばれて、立ち上がって、メンバーが駆け寄ってくれたときには、『夢じゃないんだな』と思いました。すごく嬉しかったです」と舞台裏の様子を明かしながら、笑顔を見せた。

 上野遥は、同作では、フィーチャーされているという。最初のあいさつでは、「今日は久しぶりに劇場公演以外でのお仕事なのですごく緊張しているのですけど、最後までよろしくお願いします」と笑顔を見せ、作品を見終わったファンから、ひときわ大きな拍手を受けた。

 トークでは、上野は、「この映画を通して、ひとつ思ったことがあるのですけど」といい、言葉を詰まらせた。涙声になりながら、「どんなに辛いこととか、悔しいこととかがあっても、毎日、諦めずに努力をして行ったら、本当に見てくれている人はいるのだなと思いました」と胸中を告白。

 「今、私はこんなに夢のような場所に」、「本当にたくさんの方に支えられているのだなと改めて感じました」などと語る上野に、ファンから温かい拍手と声援が送られた。(竹内みちまろ)


→ HKT48・指原莉乃、田島芽瑠&朝長美桜から絶賛され動揺?「なに、この…」

→ HKT48多田愛佳「裸になりたい」!? 炎天下のTIFで熱狂のライブ!

→ NMB48白間美瑠のボケに、渋谷凪咲が厳しいツッコミ!

→ AKB48茂木忍、“恋愛”に意欲!「せめて映画の中だけでも」


ミニシアター通信