豊田市ご当地アイドル・StarT、「映画」と「ライブ」をミックスした全国ツアー開催


2016年1月27日 20時20分 参照回数:



Star☆T/和久田朱里、橋本杏奈

Star☆T/和久田朱里、橋本杏奈 (提供写真)


 「豊田アイドル映画プロジェクト」によって完成した映画「restart」の試写会イベントが2016年1月26日に開催され、愛知県豊田市ご当地アイドル「Star☆T(スタート)」メンバーの和久田朱里と橋本杏奈、清水雅人統括プロデューサーがトークを行った。

 映画「restart」は、Star☆Tメンバーが出演する6つの短編映画から構成される。豊田を舞台とし、全国から応募してきた6人の新鋭監督がメガホンを取った。「地方フィルムミッション」、「地方アイドル」、「新鋭監督」たちのコラボが実現され、Star☆Tは、1月31日の名古屋から4月10日の豊田まで、映画のために書き下ろされた主題歌6曲を携えて、全国6個所を上映&ライブツアーで回る。

 完成版を見た橋本杏奈は、「『ハローグッバイ』の作品を見ていたら目がうるっときました。喧嘩のシーンで3分間1カット撮りっぱなしなのですが、何度も監督さんと話し合いながら納得するまで続けたことを思い出しました」と振り返った。

 続いて、リーダーの和久田朱里は、「実は、Star☆Tに入る前、清水さんが監督をした作品でオーディションに落とされてまして。スクリーンを見ていたら、そのときのことを思い出しました(笑)。すごい悔しかったんです。今回の主役の話が来たときはヨッシャ!やるぞってと思いましたから」と答えた。

 清水統括プロデューサーは、「豊田アイドル映画プロジェクト」の企画意図について、「本企画は、地域活性で注目されている『ご当地アイドル』と、『映画製作』をかけ合わせたらどうなるか、というシンプルなものでした」と語った。続けて、「今まで通り、全国ツアーをしたってつまらない! 今まで通り、完成された映画を全国上映してもつまらない! これまでどこもやってない挑戦をしたいと思ったとき、今回のテーマ『restart(新たなる出発)』が生まれた」と語った。

「長年豊田市フィルムコミッションで培ってきた地方における映画作りと、人材を集めるノウハウを活かして、全国から6人の優秀な監督たちを集めました。豊田市民、企業、団体など全面協力を得まして強力な6作品が完成しました。今後は映画のために書下ろした主題歌6曲を中心とした全国ライブツアーと、主演映画の全国公開を2016年1月から4月にかけて全国6個所で同時開催していきます。地域活性の1つの試みとして今後広まっていっていけばいいなあと、先陣の気持ちで頑張っております」と意気込みを語った。

 また、清水統括プロデューサーは、「オリコンを目指す今のアイドルの形ではなく、最終的には、観ていただいたお客さん、DVDを買っていただいたお客さんから、【主演】【助演】【監督】【脚本】【音楽賞】を評価してもらおうと思っております。また豊田市というと車の町というイメージが強いですが、工場だけではなく自然や緑もたくさんあります。名物の食べ物なども映画に出てきますので、しっかり全国にアピールしていきたいと思います。特に映画館は着席スタイルですので、小さいお子さんからお年寄りの皆さんまで楽しく、ゆったりと楽しんでいただきたいです」と語り、イベントを締めた。

【全国6個所上映&ライブツアー日程】
1月31日(日)【名古屋】センチュリーシネマ
2月6日(土)【東京】中目黒キンケロシアター
2月20日(土)【浜松】あいホール
3月12日(土)【福岡】大名MKホール
3月26日(土)【大阪】シアターセブン
4月10日(日)【豊田】豊田市福祉センターホール



→ Star☆T、東京初ワンマンが大成功! この秋の全国ツアーと映画上映計画も!

→ ご当地アイドル「Star☆T」、アイドル甲子園フェスの雨中ステージで熱唱!


ミニシアター通信