兵庫のご当地アイドル・KRD8、阪神大震災復興フリーライブで熱いパフォーマンス


2016年1月18日 21時10分 参照回数:



KRD8

KRD8 (提供写真)


 兵庫県のご当地アイドル『KRD8(けいあーるでぃーえいと)』が、1995年阪神大震災から21年となる2016年1月17日、神戸市長田区の商店街に設置された特設ステージにて、被災者や震災遺児たちに強く生きる勇気を発信する「神戸震災復興フリーライブ ONE HEART」に出演し、熱いパフォーマンスを披露して商店街を盛り上げた。震災の年に神戸で生まれたメンバーの高本翔菜と、宮脇愛はグループを代表として挨拶をし、涙ぐむ場面もあった。

 イベント後、HMV神戸で1/27発売の3rdシングル『Never Ending Story』のリリースイベントを行う。総合プロデューサー岩井迫泰行(43)によると、『今日現在、事務所調べでCD8,000枚以上の予約が入っている。このペースでいけば10,000枚は超える。オリコン順位も7位か8位にはランクインするかと思います。是非!兵庫県に明るい話題を1つでも作りたいというのがメンバー全員の気持ちです』と話した。

 オリコン順位の発表日2/2に注目だ。

 また、ステージで一役ムードメーカーを担う宮脇舞依は、人気お笑い芸人・陣内智則(41)の姪っ子。宮脇舞依の母が陣内智則の姉にあたる。宮脇舞依は『いつか、ともくん(陣内智則の愛称)とコンビを組みたい。姫路で夫婦漫才したいです』と話した。


→ 震災から4年:岩手のご当地アイドル・加村真美、東北の復興は「これからが大事」

→ 「東京アイドル劇場」開幕、被災地・気仙沼の「SCK GIRLS」がオープニングを飾る!

→ 復興支援、アイドルという立場からのアプローチ


ミニシアター通信