本文へスキップ

岩手のご当地アイドル・チャーマンズ、新体制で新たな魅力を発信!

2015年11月24日 23時30分 参照回数:


チャーマンズ:左から/石橋柊子、武部夏妃、東彩鈴、RIHO

チャーマンズ:左から/石橋柊子、武部夏妃、東彩鈴、RIHO (撮影:竹内みちまろ、2015年11月22日、都内にて)


 被災地・岩手に勇気と笑顔を生み出すため、大学生たちによって2011年に結成された岩手のご当地アイドル「chairmans(チャーマンズ)」。学生たちのユニットであるため卒業と新加入を繰り返し、2015年10月からは新メンバーによる第4世代がスタート。12月2日には待望のニューシングル「SNOW MAGIC/夢見る銀河」をリリースする。

 新生チャーマンズのメンバーたちはどんな魅力を持ち、今度どんな活躍をしていくのか。11月21日と22日に東京遠征を行ったチャーマンズに話を聞いた。

【チャーマンズメンバー】
武部夏妃(たけべ・なつき) *なっつ
東彩鈴(ひがし・ありん) *ありん
石橋柊子(いしばし・とうこ) *とこちゃん
RIHO(りほ)

−東京遠征の手応えは?

武部夏妃:東京のお客さんがフレンドリーな方々で、岩手のお話をしたら返してくれるんです。それが嬉しかったです。

石橋柊子:チャーマンズに加入してから初の東京遠征だったのですが、お客さんたちは私たちのことを知らなくても曲で乗ってくれて、岩手について話し掛けてくれたりして嬉しかったです。

RIHO:東京遠征からチャーマンズのメンバーに加入しました。とても温かい空気の中でやらせて頂いて、一緒に盛り上がることができました。それまでソロで活動していたのですが、足が少し震えました(笑)

−これまで、チャーマンズとして活動してきた中で一番の思い出は?

武部夏妃:一番のビッグイベントは、前リーダーの加村真美さんの卒業公演(10月12日)です。チャーマンズの歴代メンバーが揃ったステージを観ることができました。感動して泣いてしまいました。私たちが新しいチャーマンズを作って行くのだなと思いました。

東彩鈴:元々チャーマンズが好きで見ていた側だったのですが、自分がチャーマンズのメンバーになったという実感は沸いてきています。アイドルをやってみて、大変なことはもちろんありますが、一番は楽しいのだなと実感したことです。チャーマンズのことを考える時間も増えましたし、チャーマンズへの愛も深くなっています。

−今後、どんな活躍をしたい?

RIHO:歌うことがすごく好きで、曲に合わせて声や表情でも表現していきたいと思っています。踊ることも大好きで、小さい頃にバレエを習っていました。踊りの面でも魅力を引き出せていけたらなと思います。楽器は、ピアノとギターとドラムをやっていました。基本、何でも来いです(笑)

武部夏妃:ステージで最近、RIHOがメインで歌って、私がピアノを伴奏して、ありんととこちゃんがコーラスをしています。今までのチャーマンズではやったことのない曲もやっています。ぜひ、聴いてほしいです。ピアノは6歳から高校2年生まで習っていました。

東彩鈴:私も6歳からピアノを習っていて、小学校のときに吹奏楽団でトランペットをやっていました。

石橋柊子:小さい頃からピアノを習っていて、今も続けているのですが小学校の頃から吹奏楽でオーボエをやっています。チャーマンズでアンサンブルもやっていきたいです。

−新曲「SNOW MAGIC/夢見る銀河」はどんな曲?

武部夏妃:スキー場をイメージした、ゲレンデで恋が生まれるかも!という曲になっています。「SNOW MAGIC」がクールなカッコイイ感じの曲で、「夢見る銀河」がかわいらしい感じのポップな曲になっています。

東彩鈴:新しい曲は今までのチャーマンズには無かった感じの曲なので新たな1ページをこれから見せていけるのかなと思います。

−チャーマンズに入ろう思ったきっかけは?

石橋柊子:元々アイドルが大好きで、アイドルオタクとして生活していました。たまたま高校の先輩のなっつさんが紹介してくれて、やってみたいなと思って加入させて頂きました。チャーマンズ全国ツアーをやったら、高校の修学旅行で1回だけ行ったことがある関西に行ってみたいです。

−全国のアイドルファンへメッセージを

武部夏妃:新生チャーマンズは、音楽が好きな4人が集まっていて、新しいことを色々やっていきます。イベントでたくさんの場所に行きたいと思っていますので、ぜひ、見に来て下さい。

東彩鈴:色々な所にライブに行きたいですし、そこで岩手のことを話して、岩手に興味を持って貰えたら嬉しいです。ライブに遊びに来てください。昔から、チャーマンズには他のアイドルさんにはない柔らかい雰囲気があるので、そこをみんなで高めて行けるようにしたいと思います。

RIHO:全国の方では、チャーマンズをことをあまり知らない方も多いと思いますが、色々な場所へ行って、色んな方に新生チャーマンズを知って頂けたらいいなと思います。新生チャーマンズは、歌でも魅せて行けると思っています。素敵なハーモニーや、踊りの面でもさらに磨きをかけて行きますので、そこにも注目して下さい。

石橋柊子:チャーマンズを知らない方も多いと思いますが、来てくれた方に「楽しかった」と思って頂き、お腹いっぱいな気持ちになって帰れるようなライブにするのでぜひ、遊びに来て下さい。アイドルとしての個人の夢は、大好きな私立恵比寿中学さんと共演することです!

(インタビュー・文=竹内みちまろ)



→ 岩手のアイドル・チャーマンズ、結成5年目で新展開…岩手から全国へ!


→ ご当地アイドルってどんな活動をしてるの? 岩手密着アイドル「チャーマンズ」インタビュー


→ 震災から4年:岩手のご当地アイドル・加村真美、東北の復興は「これからが大事」


ミニシアター通信





運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ)