NGT48、劇場オープンでおむすびを「配りたい」!?


2015年11月15日 21時10分 参照回数:


NGT48/左から:小熊倫実、高橋真生、佐藤杏樹、菅原りこ、清司麗菜、太野彩香、奈良未遥

NGT48/左から:小熊倫実、高橋真生、佐藤杏樹、菅原りこ、清司麗菜、太野彩香、奈良未遥 (撮影:竹内みちまろ、2015年11月15日、ステーションコンファレンス万世橋にて)


 新潟を拠点に活動するNGT48の奈良未遥、高橋真生、佐藤杏樹、太野彩香、小熊倫実、菅原りこ、清司麗菜が2015年11月15日、東京・秋葉原のステーションコンファレンス万世橋にて、新潟米料理イベント「新潟米コシヒカリで作る!ニホンのキホンのゴハン」に出席した。

 イベントでは、NGT48メンバーたちが、新潟米を炊いておむすび作りに挑戦。だしを取るところから始める味噌汁作りも行った。

 慣れた手つきでおむすびを上手に握るメンバーもいたが、料理をしないという小熊や菅原は、炊きたてのごはんを手に取ると、思わず「熱い〜」と悲鳴をあげながら、地元新潟のお米を使ったおむすび作りに精を出した。1人で料理をしたことがないという菅原は、「劇場オープンの際におむすびを配りますか?」と尋ねられると、「配りたい、と思います!」とにっこり。

 AKB48グループでは「AKB48マラソン部」のような活動も行っているが、おかず作りの話題の中で「NGT48料理部とかは?」の提案の声があがると、佐藤が「大人組とかは結構、料理ができる人が多いので、そういう人たちに教えて貰いながらやったらいいかな」と口するなど、初々しいガールズトークにも花を咲かせた。(竹内みちまろ)


→ NGT48中村歩加「よく声を掛けて頂いています」、新潟での反応を紹介

→ NGT48北原里英、“雪国の女”になるため「この夏は焼かない」


ミニシアター通信