高知のご当地アイドルが東京に移住した理由とは? はきちんガールズインタビュー


2015年10月23日 0時30分 参照回数:


はきちんガールズ

はきちんガールズ/左から:石川彩楓、梶原妃菜子、川村あやの (撮影:竹内みちまろ、2015年10月21日、Hidari Zingaroにて)


 四国・高知を代表するご当地アイドルグループ「はきちんガールズ」(石川彩楓、梶原妃菜子、川村あやの)が、結成5周年記念イベント第1弾の写真展「はきちんガールズ 彩楓 妃菜子 あやの 3人展」を2015年10月21日から27日まで、東京・中野ブロードウェイ3階の画廊「Hidari Zingaro」で開催している。

 2010年2月に高知で結成されたはきちんガールズは、南国土佐の灼熱の太陽のもと幼少から鍛え抜かれた歌とダンスで年間、200ステージを行っている。炎天下の似合う“太陽に一番近いアーティスト”として息の長い活動を目指し、高知県観光特使や海洋堂イメージガールとしても活躍している。

 40曲を超えるオリジナル楽曲の半数に高知県の魅力が満載されているという生粋のご当地アイドルだが、はきちんガールズは、2014年春、メンバーたちが東京に移住し、活動拠点を東京に移した。この“脱藩”により活躍の幅を広げたが、なぜ、高知のご当地アイドルが、活動拠点を東京に移したのか。「3人展」のオープニングセレモニー終了後、話を聞いた。

−5年間を振り返って、一番の思い出は?

石川:一番の大きな決断をしたのが、東京に脱藩するときです。脱藩のライブを高知でやったのですが、みんな、泣きながら思いをファンの方に伝えました。すごく悩んで決めたことなので、思い入れのあるライブになりました。不安はありました。だって、(東京には)両親がいないし、今までやっていなかった洗濯や炊事も自分たちでしなければなりません。メンバーと一緒に暮らすことも不安でした。

梶原:高知時代に、ひと夏に84回、イベントをしたことです。毎日、朝の7時くらいに集合して、マイクやスピーカーなどを全部、自分たちで設定しました。多い日は一日5回、イベントをやりました。炎天下の野外ステージで、1回30分です。高知の夏は、普通の太陽と違って、陽が痛いんです。めっちゃ真っ黒になりました。でも、ぜんぜん辛くなかったし、楽しかったです。あっという間に夏休みが終わりました。84回というのは、JR高知駅前の旅広場というひとつの場所だけで84回やったということです。夏休み全体でいえば、ひと夏で100回はライブをやりました。今、考えたら、すごいですよね(笑) 小学生だったから、若かった!

川村:まだ高知から東京に脱藩していない2013年に、初めて上野水上音楽堂(東京・上野恩賜公園内)で無料のワンマンライブを行ったのですが、すごくたくさんの人が来てくれて、嬉しかったです。「高知戦隊はちきんジャー」という戦隊ものをやったりして楽しかったです。東京での、初めての大きなワンマンライブでした。それをきっかけに、はちきんガールズを知ってくれた人も多いです。

−脱藩を決意した一番の理由は?

石川:はちきんガールズが好き!ということです。もっとやりたいと思いました。はちきんガールズは高知県観光特使をしているのですが、ずっと高知の中で高知のPRをしていました。でも、高知の人に高知をPRしてもどうなのだろう…という意見もあり、東京から高知をPRしようということで、みんなで東京に出て来ました。

−これからどんな活躍をしたい?

石川:他のグループと同じことをしても面白くないので、はちきんとしてはスペースツアーをしたいです。宇宙に行って、宇宙人にライブを見せたいんです。宇宙人とは誰も会ったことがないし、スペースツアーをやったことがある人はいないので、それが夢です。でも、ちゃんと勉強しておかないと。無重力の訓練とかも。それと、世界に通用するアーティストになりたいなと思います。世界中で、はちきんを知らない方がいないくらいのアイドルになりたいです。

梶原:夢は女優になることです。ハリウッド女優になって、みんなでレッドカーペットを歩くんです。レディー・ガガさんみたいに、自分がちょっと触っただけでも1億円とかで売れるような! 日本では収まらないくらいの気力で頑張りたいと思います。

川村:はちきんガールズをもっとたくさんの人たちに知ってもらおうと、東京に脱藩してきたのですけれど、まだ高知のイメージが強くて、「へえ、東京に住んでるんだ」という人が多いです。平日にワンマンライブをたくさんやっているので、たくさんの方に見に来て頂き、ファンになってくれたら嬉しいです。

(インタビュー・文=竹内みちまろ)


→ はちきんガールズ初の水着ライブ開催、ファンもびしょ濡れ!

→ リスタートを切った「まなみのりさ」、東京に活動拠点を移した理由とは?

→ ご当地アイドルってどんな活動をしてるの? 岩手密着アイドル「チャーマンズ」インタビュー

→ 米沢市ご当地アイドル「Ai-Girls」、秋葉原でキュートなパフォーマンス!


ミニシアター通信