武田梨奈、映画「原宿デニール」で“濃厚キスシーン”を公開?「女性的な肉食も出します」


2014年10月8日 0時00分 参照回数:


武田梨奈、映画「原宿デニール」で“濃厚キスシーン”を公開?「女性的な肉食も出します」

武田梨奈 (撮影:竹内みちまろ 都内にて)


 テレビCMで放送された頭突きによる瓦割りシーンでお茶の間に衝撃を与えた女優の武田梨奈。映画「ハイキック・ガール」、「祖谷物語ーおくのひとー」、「少女は異世界で戦った」に主演するなど、女優、アクションスターとしての活躍が目覚ましい。

 そんな武田がついに、“濃厚キスシーン”を公開することが分かった。

 武田の“濃厚キスシーン”は、映画「原宿デニール」(2015年公開)にて公開される。同作の記者会見が都内で行われた際、本人の口から明かされた。武田は、「キスシーンというものがありまして」と切り出し、「私の今までのファンの方などは、見たこともないシーンも出てきます。……情熱的な」とのこと。続けて、「普段はアクション的な肉食は出しているのですが、今回は、女性的な肉食も出します」と恥じらいを浮かべながらも、きっぱりと言い切ったという。

 会見に同席したタカハタ秀太氏(監督・脚本)から、武田のキスシーンは、おざなりなものではなく、男と女の“濃厚なシーン”になることも明かされたという。また、気になるお相手は、BEE SHUFFLEのうちの誰かとのこと。

 「原宿デニール」は、ポップカルチャーの発信地として世界から注目される東京・原宿に夢を抱いて集まった若者たちの群像劇。武田と、日韓の男性5人組“原宿発がけっぷちボーイズグループ”BEE SHUFFLEのダブル主演。女性警察官を演じる武田は、「(女性警察官)に憧れというものがあったので、テンションが上がります。コスプレ感を出さないように演じています」と撮影の様子を語ったというが、監督や共演者たちからは、武田の警察官姿はまったく違和感がなく、本物と間違えてしまうほどだとか。

 一方、ダブル主演となるBEE SHUFFLEメンバーにとっては同作が映画初出演となる。ミンスは原宿のストッキング専門店で働く韓国人青年を、ジュノはその友人を、ジュンは芸能界にスカウトされることを夢見て竹下通りを行き来する高校生を、シュウタは警察官を、ギュミンは怪しげな耳かき専門店のアルバイトを演じる。

 また、BEE SHUFFLEといえば、5,000枚のオリジナルCDを手売りできなかったら即解散や、デビューシングルがオリコンウィークリーチャート5位以内に入らなければ即シャッフルなど、過酷なミッションを科せられることで知られるが、今回の「原宿デニール」では、劇場動員3万人のミッションを課せられている。BEE SHUFFLEがどんな手を打ち出し、武田や監督をはじめとする共演者やスタッフたちがどうサポートしていくのかも注目だ。


→ 現役女子高生・宮原華音が原宿でハイキックしまくるパフォーマンスを敢行!

→ 宮原華音、伊藤梨沙子、川本まゆ、長島弘奈、青野楓の「ハイキック・エンジェルス」が初日舞台挨拶に集結!

→ 【UFC】中井りん「日本人、アジア人女性の格闘家の未来を切り開くためにやります」


ミニシアター通信