本文へスキップ

ミニシアター通信平家物語 > (149)源頼政の昇進、昇殿

(149)源頼政の昇進、昇殿

参照回数:


 そもそも、源頼政は、摂津の守・頼光の5代目、三河の守・頼綱の孫、兵庫頭・仲政の子。

 頼政は、保元の乱の時も、味方に先駆けていましたが、たいした恩賞に預かりませんでした。平治の乱では、親類を捨てて後白河法皇方に味方しましたが、そのときも、恩賞をおろそかにされました。頼政は、長く大内守護でしたが、昇殿はゆるされませんでした。

 頼政は、年老いてから、述懐の和歌を一首詠み、ようやく昇殿がゆるされました。その和歌は以下。

  人知れず大内山の山守は

    木がくれてのみ月を見るかな

 この歌で昇殿を許され、頼政は、正下の四位にしばらくいました。頼政は、なお昇進を心にかけ、また、歌を詠みました。

  上るべき便り無き身は木の下に

    しえを拾いて世を渡るかな

 そうして、頼政は三位に叙されました。やがて出家し、源三位入道頼政となり、今年75歳(77歳?)になりました。

(2011年11月28日)


平家物語のあらすじと登場人物




運営会社

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→ about us (問い合わせ) 



平家物語のあらすじと登場人物