ミニシアター通信 > 女子コラム


東京ガールズコレクションを体験すると、女子はどう変わる?


2015年10月02日 20時40分 参照回数:



 「東京ガールズコレクション2015A/W」(TGC)が2015年9月27日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された。ガールズカルチャーの祭典として大人気のTGCだが、当日はどんな様子で、TGCに行くと女子はどう変わるのか。ファッションショー初体験の現役アイドル・田中由姫にレポートしてもらった。(編集部)



 私、田中由姫が今回取材に行った場所は『第21回東京ガールズコレクション2015 AUTUMN/WINTER』(以下:TGC)という日本を代表するガールズイベントだ。日本のガールズカルチャーを世界へというテーマを掲げ2005年8月から年2回開催している史上最大のファッションフェスタで、そこに登場するモデルは約100名にも及ぶという。またファッションだけではなく、豪華なアーティスト達による音楽ライブや、話題のアイテムを実際に体験できるブース等が多数用意されているのだ。

 さて、本題のイベント内容だが、実は別件で仕事があって途中で抜けてしまっているため最後までご紹介はできないのでご了承頂きたい。

 今回イベントのテーマは『SHINE』、“どんな女の子でも輝ける。”という意味で、モデルで女優としても活躍する香里奈から始まる映像でTGCは幕を開けた。

 トップはなんと水原希子。実写版「進撃の巨人」ではミカサを演じ、女優としても幅広い世代から注目を浴びるモデルだ。

 モデルが登場する度に会場からは黄色い声援が鳴り響く。衣装や雰囲気に合わせ、照明や音、そしてモデルがステージを彩り目が話せなくなっていた。服はもちろん、歩き方や表情、全てが引きつけ目を逸らすことを許さないという表現がぴったりのパフォーマンスだった。

 MCは芸人の小藪千豊とアナウンサーの森麻季。今回2人が着ていた服は人工知能『SENSY』によるコーディネートで、その人に合った服装を考えてくれる機能を持ち、いずれはトップモデル達の知能を得て、例えば水原希子が自分のファッションを考えてくれる、そんな事が実現できるのだという。今やそこまでファッションは進出しており、近未来な世界がすぐそこまできてるのを実感した。

 そして、TREND STAGEが始まった。CECIL McBEEからrienda、Ungridと女の子なら1度は買ったことがあるブランドが並び、山本美月や桐谷美玲などの今大人気のモデル達が人気ブランドの服を着て歩く姿は圧巻だった。

 個人的な話だが、ダレノガレ明美が出てきた時のオーラから、何から何までカリスマ性を感じた。バラエティ番組で見かける事が多い彼女だがカリスマモデルとはこの事なんだと思った。

 続いてのステージは映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』STAGE。スヌーピーはTGC初のオフィシャルフレンドに就任。こちらのステージはシックにきめた男性モデルがメインとなり、最後にはMCの小藪千豊とスヌーピーが登場し会場が盛り上がった。

 『yoshikazu yamagata for beachme special performance STAGE』ではファッションデザイナーの山縣良和氏がデザインした約100着のカシミアニットからなる巨大な衣装を纏った水原希子と子供たちが登場した。なんと総額は約1000万円にものぼるらしい。

 ファッションだけではなく、台湾観光局のSTAGEもあった。台湾は美が沢山詰まった場所なので1度は行ってみたい。そして休憩前の最後を飾ったのは倖田來未。子どもを産んだ後の身体とは思えないくらいの抜群のスタイルと変わらない歌唱力で会場を魅了した。歌った曲は盛り上がる事間違いなしの『POP DIVA』とオーディションでも多く歌われるという『愛のうた』だった。

 ここまでが私が見たステージとなる。

 今回初めてファッションショーを見て思ったのはモデルという職業の素晴らしさ。雑誌で見るのとは違うオーラを感じ、そのオーラに目が離せず瞬きをするのも勿体ないくらいの世界に引き込まれた。モデル達により輝く服はとてもじゃないけど私には着こなせないが、着てみたいと思わせる何かがあった。何万人の女の子が1人のモデルに注目し、そのモデルが着ている服を着たい、そして中にはいつかあのステージに立ちたいと思う女の子がいる。そう思うとTGCには本当に沢山の夢と希望が詰まっていて、その中に憧れや色んな気持ちがあり、成り立っているイベントなのだと思った。

 私はファッションの流行にはかなり疎くたくさんの雑誌を見て勉強していたが、大事なのはいかに自分を知っているかという事。髪の長さや色、化粧の仕方、そして服。自分を100%以上引き出すためにはそれらが合わさらないとダメなんだと実感した。流行りを知り、乗る事も大事だが‥‥先ずは自分に似合う全てを探してみようと思った。

 これからTGCは世界各地でのイベントを行っていくそうだが、我らが日本の中心部である東京から、ファッションはもちろん、食や美しく可愛いものが発信されていってもらいたいと思った。(田中由姫


【著者紹介:田中由姫】

田中由姫:1991年9月1日生、神奈川県出身、身長156cm。「パチンコ攻略マガジン」にてライターとしての一面も見せるマルチタレント。






女子コラム


Copyright(c)2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved.


PR