ミニシアター通信 > 女子コラム


チーム公演を初体験した女子が感じたAKB48の魅力とは?(前編)


2014年11月20日 2時30分 著者:スギ タクミ 参照回数:


【女子コラム】チーム公演を初体験した女子が感じたAKB48の魅力とは?(前編)

チームAのAKB48全国ツアー東京公演 (撮影:竹内みちまろ 2014年11月17日 中野サンプラザにて)


 女子にも人気のAKB48。まさに国民的アイドルだが、女子はAKB48のどこにハマるのか。2014年11月17日に中野サンプラザホールで行われた、チームAによるAKB48全国ツアー2014『あなたがいてくれるから。〜残り27都道府県で会いましょう〜』(東京公演1日目)を鑑賞した女子ライターからレポートが届いたので紹介したい。(編集部)



 人は死ぬまでに何回「スキ」という言葉を使うのだろう……。AKB48のライブを見ると、いつもこんなことを思ってしまう。

 今回はアイドルコンサートの聖地・中野サンプラザにて、AKB48全国ツアー2014『あなたがいてくれるから。〜残り27都道府県で会いましょう〜』チームA公演を見てきた。AKB48のコンサートを見るのは夏の東京ドームコンサートに続き二度目。高橋みなみ(たかみな)推しとしては、チームAのライブはとても楽しみだった。

 チーム公演はAKB48本体のコンサートとはだいぶ趣が違っていた。まず出演者も20人前後と少なく、ひとりひとりの顔がよく見えた。全員自己紹介もしてくれるので、こんな子もいるのねと新鮮味があった。ここで目立ったパフォーマンスができれば、ファンを獲得できる絶好の機会だろう。

 ライブの構成自体もメンバーの個性を引き出すようなものとなっていた。

 「ハステとワステ」を手足が一緒に動く人形とともに歌う川栄李奈は元気で愛らしかった。同曲の間奏で登場したたかみなの衣装はあのじゃんけん大会の「東京タワー」の衣装! まさか生で見られるなんて! かなりの感動(笑)。キラキラと光る電飾付でとても豪華だった!

川栄李奈 (撮影:竹内みちまろ 2014年11月17日 中野サンプラザにて)

高橋みなみ (撮影:竹内みちまろ 2014年11月17日 中野サンプラザにて)


 若いメンバーの「初恋ダッシュ」はこれまたキュンとさせられる曲だ。歌の途中にはメンバーの初恋エピソードを語るところもあって、それがまた若々しくてたまらない。『消しゴム貸してくれたから初恋……、口についた生クリームをとってくれたから初恋……。』 忘れかけていた何かがふわっと目の前に広がる。

「初恋ダッシュ」を披露する達家真姫宝、谷口もか、小嶋菜月、西山怜那 (撮影:竹内みちまろ 2014年11月17日 中野サンプラザにて)

 ピアノが得意な松井咲子。ピアノソロの演奏のあとに「桜の木になろう」を生伴奏し、たかみな、中村麻里子、岩田華怜がそれに合わせてしっとりと歌いあげる。これはとっても素敵だった。

松井咲子、中村麻里子、岩田華怜、高橋みなみ (撮影:竹内みちまろ 2014年11月17日 中野サンプラザにて)

 そして今回、群を抜いて可愛いらしかったのが島崎遥香だ。(……続きを読む



→ チーム公演を初体験した女子が感じたAKB48の魅力とは?(後編)


→ AKB48のライトなファンが初めてライブに足を運ぶと、どうなる?


ミニシアター通信