ミニシアター通信 > 女子コラム


【女子コラム】アイドル育成の楽しみとは? アラサー女子がアメ横で夢の始まりを目撃!(後編)


2014年11月19日 3時21分 著者:あいざわ花子 参照回数:


【女子コラム】アイドル育成の楽しみとは? アラサー女子がアメ横で夢の始まりを目撃!(後編)

bonbon ange (撮影:竹内みちまろ、2014年11月15日、アメ横アイドル劇場にて)


 アメをモチーフにした衣装はキュートで、清楚な彼女たちの雰囲気も合わさって誰からも愛されそうな出で立ちだ。自己紹介では背伸びをしない等身大のコメントに好感を覚える。メンバーは、すらりとした美脚の「ゆかち」、上野育ちの「れんれん」、ゲーム好きの「あかりん」、お菓子への愛を語った「しょんたん」、MCを務めていた元気な印象の「のんたん」の5人。

 デビューライブだが、早くも声援が飛ぶと、はにかんだ笑顔で客席に応えてくれる。この日は「アメ横メルシー」の1曲だけを披露したが、POPでかわいい曲調を全力のパフォーマンスで歌いきった。正直、聴き足りなかった。もっともっと彼女たちの舞台を長く観たい! お披露目ライブとは思えないほど歌もダンスも上手だったし、なによりちょっと控えめな感じが最高に心に刺さった。何度もステージをこなしてきた百戦錬磨のアイドルとはまた違った、「これからどんな風に変わっていくんだろう」という可能性を秘めた点にとても惹かれた。

 魅力的な彼女たちは、これからたくさんのステージをこなし、どんどん洗練されていくのだろう。ファンも楽曲も増えるだろう。でも、初めての舞台はこの場にいる人だけが知っている。そんなことに少しだけ、ラッキー、と感じてしまう。私がデビューから応援していたアイドルが、どんどん人気者になっていく様子を見られるのならどこか誇らしい気持ちになる気がする。デビューライブを見るって、思い入れも違ってくる。

 私はこれからも彼女たちを応援するだろう。ライブが決まるたびに喜び、新曲が発表されるたびに心を躍らせるだろう。そういう楽しみ方も、悪くはないなと感じた。(文=あいざわ花子)


  *****

【デビューライブを終えたメンバーコメント】

小泉花恋(17歳/ニックネーム・れんれん/チャームポイント・頭のパンダ)

 ライブでは、奥の方まで人がたくさんいて、ビックリしました。緊張してしまいライブのことはあまり覚えていないのですが、とても楽しかったです。

 地元の台東区出身で、ライブには家族が応援に来てくれました。

 アメ横は子どもの頃からずっと来ています。アメ横の魅力は、若い人からお年寄りまで買い物ができて、活気に溢れているところです。アメ横の良さを色々な方に知ってもらい、アメ横の魅力を世界へ発信していけるようなアイドルグループになりたいです。

 ボンボンアンジェはデビューしたばかりなので、これからどんどんがんばっていきたいと思います。

藤井悠乃(17歳/ニックネーム・のんたん/チャームポイント・口元のホクロ)

 1週間ほど前から友達に「楽しみ!」と期待してもらっていました。少しプレッシャーがあったのですが、楽しめました。友達は一番前にいたので、顔がガッツリ見えました(笑)

 グループとしてパフォーマンスをもっと上達させて、たくさんのお客さんに常に楽しんでいただけるパフォーマンスを心掛けたいなと思っています。ボンボンアンジェにぜひ一度、会いに来てください。

山崎朱梨(15歳/ニックネーム・あかりん/チャームポイント・小さい顔)

 こういうステージに立ったのは初めてです。思ったよりも人がたくさんいて、ビックリしました。でも、楽しくできたので、よかったです。

 もっとボンボンアンジェが大きくなって、アメ横のボンボンアンジェじゃなくて、ボンボンアンジェがいるアメ横と言ってもらえるくらいに大きくなりたいと思っています。目標は、…う〜ん、フランスに行きたいです!

 ボンボンアンジェには足らないところがあると思いますが、たくさん応援してくれたら嬉しいです。

高橋由佳(17歳/ニックネーム・ゆかち/チャームポイント・色素の薄い黒目)

 私も初めてステージに立ったのですが、本当に楽しめました。今日、家を出る時にたくさんのお客さんと目を合わせることができたらいいなと思って来ました。ステージからはお客さんの顔がよく見えて、もちろん、お客さんを意識してライブをしたのですが、私が見たときにお客さんも見てくれているとは限らないので、なかなか難しかったです。お客さんとたくさんコミュニケーションを取って、もっと見てもらえるようにパフォーマンスをがんばろうと思いました。

 5人の衣装は全部、私が手作りで用意しました。もともと裁縫が好きで、こういう衣装作りをやってみたかったのですが、みんなが気に入ってくれたので嬉しいですし、やってよかったなと思いました。ボンボンには飴、アンジェには天使という意味があるので、ボンボンアンジェを覚えてもらうために、飴と天使をイメージして作りました。パフォーマンスと並んで、私たちのファッション性も見てもらえたら嬉しいです。

 アメ横は色んな方が買い物をすることができる街なのですが、今はまだ大人の街という部分が大きいので、もっと色んな方、老若男女に集まってもらえる街に、私たちの力でしたいです。

 ボンボンアンジェは、今はまだ未完成なのですが、私たちは毎々、パフォーマンスレベルが上がるグループになっていけたらと思います。それを楽しみに毎回、見に来て下さる方が増えるといいなと思います。

斎藤翔子(24歳/ニックネーム・しょんたん/チャームポイント・声)

 アメ横アイドル劇場にはソロで3回、ステージに立たせていただいたことがあるのですが、こんなにたくさんの人が入っているのを初めて見ました。とても気持ち良かったです。また、グループにずっと憧れていました。今日は、念願のグループでの出演ができました。

 アメ横にはテレビの取材がたくさん入るります。アメ横がテレビに映るときは必ずボンボンアンジェがいるというふうに成りたいです。飴を配るイベントがあるのですが、チョコレートも配りたいなと思います。

 ボンボンアンジェというグループは、お菓子のように、生活に欠かせないもので、甘くてカワイイ存在に成りたいです。ぜひ、会いに来て下さい。そして、特徴的な私の声を聴いてください。


→ アイドル育成の楽しみとは? アラサー女子がアメ横で夢の始まりを目撃!(前編)

→ 石川県のご当地アイドル・おやゆびプリンセス、あまちゃんロケ地で圧巻のパフォーマンス!

→ 長野で活躍する「Mibuki with tutu&Beat’s」のアットホームで愛らしい、東京初ワンマンライブを見た!


ミニシアター通信