ミニシアター通信 > 女子コラム


AKB48のライトなファンが初めてライブに足を運ぶと、どうなる?

2014年8月12日 著者:あいざわ花子 参照回数:


バイトルAKB48スペシャルライブ

バイトルAKB48スペシャルライブ (C)AKS


 名実ともに国民的アイドルグループとなったAKB48。しかし、テレビではよくAKB48を見かけるものの、劇場やコンサートには足を運んだ経験がないライトなファンも多いのでは。そんなライトなファンが初めてライブに足を運んだとき、ファンの目に、生のAKB48はどう映るのか。今回は、AKB48のライトなファンである20代の女子ライターに、2014年8月10日に千葉・幕張メッセで開催された「バイトルAKB48スペシャルライブ」をレポートしてもらった。(編集部)



「へ〜、また新しいアイドルグループが出てきたんだ…。」

 ある日、テレビで見かけてから数年。その後、彼女たちは瞬く間にヒット曲を連発し、快進撃を続け、今やひとつの「AKB48」というジャンルを確立した。熱狂的なファンのように、握手会に参加したり、足繁くライブに通ったりという経験はないものの、私も新曲は毎回楽しみにしているし、推しメンもいる。総選挙はテレビの前で固唾を飲んで一喜一憂する様子を密かに見守っていたりする。

 そんなライトなAKBファンである私が、憧れのライブに潜入することになった。

 会場の入り口を見渡せば、全身を推しメンのグッズでキメた古参っぽいお兄さんが念入りにストレッチしている。その横では子連れのお母さんがジュースを選んでいる。高校生ぐらいの女の子達が写真を撮りあっていたり、とにかくファン層が広いのだ。

 席に着くと程なく本日のライブに関するアナウンスが流れ始めた。実はこの声の正体、チーム4の向井地美音ちゃんだった。ライブを心待ちにしているお客さんへの素敵なサプライズだ。

 そして、いよいよライブがスタートした。

 ステージのライトの中、最初に目に飛び込んできたのは色とりどりの衣装を身につけたメンバー達だった。ウェイトレス、宇宙飛行士、バスガイド…。どうやら職業をテーマとしているようだ。それぞれのキャラにあっていて、楽しい。

バイトルAKB48スペシャルライブ

バイトルAKB48スペシャルライブ (C)AKS


 そのまま「会いたかった」「大声ダイヤモンド」などの定番曲を歌ってくれた。生のAKB48はテレビで見るよりずっと華奢な印象で、お人形のようにかわいい。はじけるような笑顔と「あのAKBが目の前にいる」という事実に圧倒されて、最初のうちは声援も送れず食い入るように見つめてしまった。

 ようやく金縛りが解けたのは、その後のMCの時。

 なんと彼女たち、朝から握手会に参加していて、そのままライブに駆けつけたのだと言う。一切疲れを感じさせないパフォーマンスだったので、驚いた。

 MCが終わると、SKE48が登場! センチメンタルなナンバー「不器用太陽」でスタートすると、大いに盛り上げた。特に「オキドキ」では、観客も一体になっての元気なかけ声で会場が沸いた。

 ステージの横には巨大なビジョンが設置してあって、映像とともに曲名や歌詞、メンバーの名前なども表示してくれている。これは、にわかファンにとってはありがたい。駆け出しのメンバーの名前も覚えられるし、気になる曲があればチェック出来る。

 すると、早速モニターに釘付けになった。次に流れる曲名がちょっとヘンテコだったからだ。「アボガドじゃね〜し…」。確かにそう表示されている。曲の内容がまったく想像つかない。私の困惑をよそに、ポップなイントロが流れてきた。プードルのようなふわふわの衣装に身を包んだ高橋朱里と大島涼花が歌い出す。…アボガドじゃね〜し…! なんて良い曲なんだ…。健気な歌詞とキュートな歌声も相まって、すっかり二人の虜になってしまった。でもライブに来なければこの歌を知らないままだったかもしれない。きっとこんなふうに、テレビやシングルCDだけでは耳にしない隠れた名曲がまだまだあるのだろう。

 数曲を挟んだ後のMCでは、まーちゅんこと小笠原茉由のメンバー物まねが炸裂! 私の推しメンリストにしっかりと名前が刻まれた。

 待望のNMB48が登場し、会場はますますヒートアップ。「カモネギックス」「イビサガール」などのノリの良いかっこいい曲調はお手のもの。衣装もカラフルでとびきり華やかだ。曲の合間の掛け声も、今まで一番大きいような気がする。続くHKT48は対照的にフルーツ柄の衣装と甘い歌声でガーリーな雰囲気。こうして比べてみると、それぞれのグループの個性が際立っている。「メロンジュース」ではランウェイを歩いて大サービス! 会場のサイリウムも緑色に染まった。

 さて、いよいよAKB48の登場だ。まゆゆがセンターに立ち、「ラブラドールレトリバー」と「ヘビーローテーション」。ヘビーローテーションはPVを何度も見たけれど、まゆゆセンターのバージョンも素敵だった。PVのころとはメンバーがかなり入れ替わっているけれど、それはまた違う魅力がある。

 すると、ここで満を持してさっしーが登場。衣装を見れば次の曲は一目瞭然。「恋するフォーチュンクッキー」だ。この歌は何度聴いても明るい気持ちになれる。特に生であの「こねこねダンス」を見ると、明日からもまた頑張れる気がしてきた。アンコールにもたっぷり応えてくれて、盛りだくさんの豪華なライブだった。

 帰り道、気がつけば推しメンと元気とipodの曲数が増えていた。(文=あいざわ花子)

【セットリスト】

M00:Overture

【AKB48】
 …相笠萌、石田晴香、岩佐美咲、岩田華怜、大島涼花、小笠原茉由、川本紗矢、込山榛香、篠崎彩奈、高橋朱里、達家真姫宝、田野優花、向井地美音、武藤十夢、村山彩希

M01:言い訳Maybe
M02:大声ダイヤモンド
M03:君のことが好きだから
M04:会いたかった

【SKE48】
 …東李苑、阿比留李帆、石田安奈、江籠裕奈、北野瑠華、木下有希子、熊崎晴香、後藤理沙子、小林亜実、酒井萌衣、高木由麻奈、野口由芽、日高優月、宮前杏実、矢方美紀、山下ゆかり

M05:不器用太陽
M06:賛成カワイイ!
M07:バンザイVenus
M08:オキドキ

M09:ハート型ウイルス
 …込山榛香、向井地美音、太田夢莉
M10:アボガドじゃね〜し…
 …高橋朱里、大島涼花
M11:鏡の中のジャンヌダルク
 …田野優花、武藤十夢、木下有希子、木下春奈、森保まどか
M12:君だけにChu!Chu!Chu!
 …川本紗矢、篠崎彩奈、村山彩希、江籠裕奈、川上千尋、栗原紗英、本村碧唯

【NMB48】
 …東由樹、磯佳奈江、太田夢莉、門脇佳奈子、川上千尋、岸野里香、木下春香、木下百花、日下このみ、久代梨奈、近藤里奈、城恵理子、西村愛華、林萌々香、村瀬紗英、山岸奈津美

M13:カモネギックス
M14:北川謙二
M15:イビサガール
M16:青春のラップタイム

【HKT48】
 …植木南央、梅本泉、多田愛佳、岡本尚子、栗原紗英、熊沢世莉奈、神志那結衣、後藤泉、駒田京伽、坂口理子、田中菜津美、冨吉明日香、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか、山本茉央

M17:初恋バタフライ
M18:スキ!スキ!スキップ!
M19:桜、みんなで食べた
M20:メロンジュース

【AKB48】
 …大和田南那、岡田奈々、柏木由紀、木アゆりあ、北原里英、倉持明日香、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、高城亜樹、高橋みなみ、永尾まりや、西野未姫、峯岸みなみ、横山由依、渡辺麻友 *M23のみ指原莉乃参加

M21:ラブラドール・レトリバー
M22:ヘビーローテーション
M23:恋するフォーチュンクッキー

【アンコール】
 …柏木由紀、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、高橋みなみ、峯岸みなみ、横山由依、渡辺麻友、柴田阿弥、須田亜香里、松井珠理奈、松井玲奈、宮澤佐江、山本彩、指原莉乃、宮脇咲良

M24:前しか向かねえ
M25:心のプラカード


→ ただいま急成長中!! HKT48が放つ、もぎたてのフレッシュさと無限大の可能性!

→ 地下アイドル姫乃たまは、AKB48じゃんけん大会で渡辺美優紀の安堵の笑顔に何を見た?

→ 地下アイドル田中由姫が「AKB49〜恋愛禁止条例〜」を観て一生アイドルを決心した理由とは?


ミニシアター通信