本文へスキップ

乙女新党が6人組へ、新メンバー長谷川愛里「できる範囲でよろしくお願いします!」

2014年7月5日 20時30分 参照回数:


乙女新党

(前列左から)長谷川愛里、其原有沙、相原まり、緒方真優 (後列左から)田尻あやめ、荒川ちか、葵わかな、高橋優里花 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)


 女性4人組アイドルユニット・乙女新党が2014年7月5日、東京・六本木ブルーシアターで、メンバーの荒川ちかと葵わかなの卒業ライブとなった3rdワンマンライブ「卒業 そして始まりのうた」を開催。高橋優里花がリーダーに指名され、田尻あやめとサプライズでお披露目された4人の新メンバーの6人で新生・乙女新党としてスタートすることが発表された。

 2012年12月に4人で結成し、「わたしたちが日本を元気にします!・・・できる範囲で。」とのマニフェストを掲げて走り続けてきた乙女新党は、“1軍女子”のように誰しもの目を惹くわけではないけれど、それでも自分を出そうと勇気を振り絞る女の子たちの気持ちを込めた楽曲などで人気急上昇。今年3月の2ndワンマンライブで、荒川と葵が女優を目指すために卒業するを発表し、乙女新党は田尻と高橋に新メンバーを加えて活動を継続することとなっていた。

 荒川と葵を送り出すライブとなったこの日、会場には、女子を含む大勢のファンが詰めかけた。ライブは、2軍のアイドルである乙女新党を知って欲しいという自己紹介代わりの『乙女新党のうた』から始まった。2曲目は、乙女の1年間を歌う『乙女の365日』。夏休み明けに新しい自分になろうと決意した女の子の気持ちを込めた『2学期デビュー大作戦!!』などで盛り上がり、卒業ソング『サクラカウントダウン』では、ファンが一斉に、黄色、赤、青、ピンクのサイリウムで会場を彩る演出があり、乙女新党の4人は驚きと感動を隠せない様子だった。

 サプライズは、アンコール1曲目の『始まりのうた』のあとに起きた。「ご紹介したい人がいます」との前置きのあと、4人の新メンバーがステージに上がり、ファンにお披露目された。

【新メンバー】

相原まり(あいはら・まり/14歳・中学3年生/神奈川県出身)
長谷川愛里(はせがわ・あいり/12歳・中学1年生/新潟県出身)
其原有沙(そのはら・ありさ/12歳・中学1年生/東京都出身)
緒方真優(おがた・まゆ/14歳・中学3年生/東京都出身)

 4人には「乙女新党」のたすきが渡され、これで晴れてメンバーに。4人は、「はじめまして、乙女新党です。よろしくお願いします」と元気に声を揃えてあいさつした。

 その後、高橋が新生乙女新党のリーダーに任命された。高橋は「ほんとに、優里花でいいの?」と戸惑っていたが、「目標は、アイドルの頂点に行くことです。みんさん、付いてきてくれますか?」とファンに呼びかけると、会場から大声援が送られた。新メンバーたちがのぼりを掲げ、荒川、葵、高橋、田尻が再び、乙女新党メンバーとしては最後となる4人での『乙女新党のうた』を熱唱した。

 クライマックスでは、残る2人から、卒業する2人へ、「ちか、わかな、愛してる!」(田尻)、「ちか、わかな、これからも一生友だちだよ。大好きだよ。あやめも大好きだよ」(高橋)とエールが送られ、荒川も「優里花、あやめ、わかなと過ごした時間は、ボクの中で一生の思い出。本当に大切な思い出だよ」と応え、葵は「優里花、あやめ、ちかは私の誰にも代えられない唯一無二の存在です。ありがとう」と感謝。

 コンサートの最後、4人で、大切な名刺代わりの掛け声である「はじけるリズム! 輝く笑顔! 乙女新党です!」を声にして、荒川と葵の卒業ライブは幕を閉じた。

【高橋優里花コメント】

 この4人でライブができたことが、すごく楽しくて、思い出になりました。4人でずっと乙女新党ができると思っていたし、この先もずっとこの4人でやるのだと思っていました。でも、夢も違っているので、わかなとちかには女優業をがんばってほしいです。あやめと優里花は新メンバーと進みます。

 『始まりのうた』の歌詞にもあるように、夢の先で必ず逢いたいので、ちかとわかなに有名な女優さんになってほしいです。乙女新党も有名なアイドルになるので、そのときはPVに出演してください(笑) リーダーとしても、がんばってアイドルの頂点に行きたいと思います。日本武道館に絶対、行きます!

【田尻あやめコメント】

 色々な意味で感情がたくさんありましたが、笑ったり、楽しんだりと、すてきなライブができました。私たちの成長を見せることが絶対にできたと思います。4人の大切な思い出の1ページにしたいと言っていたのですが、最後にすてきな1ページにすることができました。

【荒川ちかコメント】

 1st、2ndのワンマンライブよりも緊張しました。でも、ステージに立ったら、緊張も全部忘れて、すごく楽しかったです。2年間のボクたちの思い出が全部詰まったライブにできたと思います。このライブでやりたかったこと、(1)4人の成長が見せられるライブ (2)ボクとわかなを忘れないでもらえるライブ (3)あやめと優里花と新メンバーでがんばっていってほしいというライブ、の3つが全部かないました。

 夢はたくさん持っています。女優さんとしてしっかり活躍している人になりたい反面、普通に公務員になれたらなと思ったりもします(笑) 声優さんにも、カメラマンさんにもなりたいと思うし、ライターさんになっても楽しいのではとも思います。自分の中でやりたいことがたくさんありすぎて、まとまっていないのですが、自分の中で一番大きなものは女優さんです。人生の半分以上やってきているものなので、今は女優さんの夢が一番大切です。いつかは、夢は女優さんではなくなるのかもしれませんが、今は、有名な女優さんになってやる! と思っています。

【葵わかなコメント】

 ワンマンライブの前は、ライブが終わってしまったらどうなるのかなと、その後のことを考えて不安になったりしていました。でも、直前になったらドキドキ、ワクワクして、ステージに立ったら楽しいなと思いました。今回のワンマンライブを通して、この約2年間で、どれだけの人たちが私たちのことを支えてくれていたのかや、私たちがどこまで成長できていたのかなど、当たり前の中で見えなかったものに気付くことができました。あやめと優里花が新生乙女新党として、私とちかがそれぞれの個人の目標に向かってがんばっていくということで、お互いの背中を押せるようなライブになったのではないかと思います。

 乙女新党を経験させていただいての女優さんになるとずっと言っていました。今後どうなっていくのかはまだまだわかりませんし、途中で乙女新党になってしまったみたいに、もしかしたら、何か大きなことが起きるかもしれません。そういった意味でわくわくしています。これから大人になっていくうちに、自分が一生の中で後悔しないように、一瞬、一瞬を大切にしたいです。お芝居では、役のために髪の毛を切ったので、目の前にあるお仕事を大切にやりたいなと思います。

【新メンバー・相原まりコメント】

 乙女新党の新メンバーに合格したことが夢のようで、すごく嬉しいです。気持ちを引き締めて、1日でも早くみんさんに認めてもらえるようにがんばりますので、応援をよろしくお願いします。 

【新メンバー・緒方真優コメント】

 ずっとなりたかったアイドルという夢を実現することができました。まったく未経験の世界で、メンバー募集への応募からまだ1か月ちょっとなので自分でも驚いています。でも、これからは自分がファンのみなさんに夢を与えられるように、自分らしく乙女新党のメンバーとして輝いていきたいと思います。

【新メンバー・其原有沙コメント】

 今まで本格的に歌やダンスをしたことがない自分がアイドルになるという自覚がいまだに沸きません。メンバーの中で一番小さくて年下ですが、みなさんに元気を届けられるようにがんばりたいです。

【新メンバー・長谷川愛里コメント】

 乙女新党のメンバーになることが夢でした。ハッピーオーラ全開にみなさんに笑顔を届けたいです。できる範囲でよろしくお願いします!

【セットリスト】

M1:乙女新党のうた
M2:乙女の365日
M3:もうそう★こうかんにっき
M4:ボクだけの世界
M5:2学期デビュー大作戦!!
M6:ときめき☆パラドックス
M7:わんだほーにゃんだほー
M8:旅立ちの日に
M9:secret base 〜君がくれたもの〜
M10:お受験ロッケンロール
M11:わっしょいクリスマス
M12:サクラカウントダウン
EN1:始まりのうた
EN2:乙女新党のうた

開場12:00/開演13:00 六本木ブルーシアター

乙女新党 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)


乙女新党 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)


乙女新党 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)


乙女新党

乙女新党 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)


乙女新党

乙女新党 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)


乙女新党

乙女新党 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)


乙女新党

乙女新党 (撮影:竹内みちまろ 2014年7月5日 六本木ブルーシアターにて)



ミニシアター通信






運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ)