指原莉乃、HKT48の12歳“矢吹奈子・田中美久”コンビにメロメロ!


2014年4月29日 21時16分 参照回数:


矢吹奈子・田中美久

HKT48矢吹奈子・田中美久 (2014年4月29日、幕張メッセにて)


 九州・博多を中心に活動するアイドルグループHKT48が2014年4月29日、千葉・幕張メッセで、今年1月から始まった九州7県ツアーの追加公演としてHKT48初のアリーナツアーとなる「HKT48 アリーナツアー〜可愛い子にはもっと旅をさせよ〜」の初日公演を行った。公演は、5月2日(大阪城ホール)、5月11日(日本ガイシホール/愛知県)、7月13日(海の中道海浜公園/福岡県)にも開催される。

 公演前に、HKT48メンバーの指原莉乃、兒玉遥、朝長美桜、宮脇咲良、田島芽瑠、田中美久、矢吹奈子が意気込みを語った。

 劇場支配人を兼務する指原は、「九州ツアーは私達的には大成功に終えたつもりです」と振り返った。追加公演初日となるこの日の公演では、「ぜひ、そのパワーを関東のみなさんに見ていただきたいと思います」と意気込み。続けて、「HKTのライブ会場に来てくださっている方の中には、AKBのファン、SKEのファン、NMBのファンの方もいると思いますので、1人でも多くの方をHKTのファンにできたらなという気持ちでやってきました」と、ツアーでHKT48のファンを増やしたいと取り組んできたことを明かした。

 「九州ツアーを始めてから、全国へ向けてがんばろうと、今すごく団結しています」と九州ツアーを終えてのグループの様子を語った兒玉は、「一番は博多なのですが、HKTを全国のみなさんに愛されるグループにしていきたいです。全国進出を目指してがんばりたいと思います」と、博多から全国進出を目指す意気込みを紹介した。

 会見に出席した田中と矢吹は、ともにHKT48の3期生で12歳の中学1年生だが、熊本県出身の田中は、HKT48の活動を始めるまで熊本県から出たことがなかったという。アリーナツアーで全国へ行く際は「名物を食べたい」と笑顔を見せた。会見で、フレッシュな田中と矢吹の2人へ質問が向けられるたびにサポートしていた指原は、「私と9歳差? 何ともいえないギャップを楽しんでいます」と笑いを誘っていたが、2人のキュートなコメントに、会場はからはため息が漏れていた。

 コンサートでは、29曲が熱唱され、若いメンバーたちの自己紹介を兼ねた楽曲『覚えて下さい』が初披露された。

 『覚えて下さい』の披露が終わったのち、指原から「どうだった?」とマイクを向けられた矢吹は、「すごい緊張しちゃったんですけど、みなさんが『覚えた!』と書いているのを見せてくれたので、すごく楽しくできました!」と笑顔。田中は、「みなさーん! 田中美久です! 覚えて下さい!」「ファンの方の声援がすごくて、とても嬉しかったです」とあいさつ。ファンからは大声援が起こっていた。

 そんな2人の人気を目の当たりにした指原は、すかさず、「ぶっちゃけ、この2人は、私より覚えられているよね」と自虐ネタ。田中菜津美も、「『覚えて下さい』は、植木(奈央)と下野(由貴)の曲だよ。あの2人にあげて!」と2人にお願い。しかし、田中は「ダメ!」と即答し、そのしぐさを見た指原は、「奈子・美久ちゃん、みんなから愛されてるもんね。まゆゆ、ぱるる、こじはるさんだよ。後ろ盾強すぎるよ! だってさ、まゆゆとかに、例えば奈子・美久の画像送ったら、30秒以内に10通返事が来るからね。『かわいい!』『かわいい!』『かわいい!』『ありがと!』『ありがと!』『ありがと!』……って!」とのこと。

 指原は、「昨日のことなんだけどね、実は、今回、私、あまりリハーサルに出ることができなくて。そうしたら、奈子がね、私の立ち位置をメモっといてくれたの! なんていい子なの!」と明かし、指原も、田中菜も、会場も、“奈子・美久”コンビにメロメロだった。(竹内みちまろ)


→ ただいま急成長中!HKT48が放つ、もぎたてのフレッシュさと無限大の可能性

HKT48

HKT48 (2014年4月29日、幕張メッセにて)

HKT48

HKT48 (2014年4月29日、幕張メッセにて)

HKT48

HKT48 (2014年4月29日、幕張メッセにて)

HKT48

HKT48 (2014年4月29日、幕張メッセにて)


→ ただいま急成長中!HKT48が放つ、もぎたてのフレッシュさと無限大の可能性

→ HKT48が劇場公演「博多レジェンド」を東京で披露、下野由貴は春に「高校デビューをしたい!」

→ 朝長美桜・田島芽瑠、HKT48新センターが存在感発揮|東京ガールズコレクション2013

→ HKT48、『TOKYO IDOL FESTIVAL2013』で熱唱!|レポート&画像


ミニシアター通信