東京パフォーマンスドール、7年後を目指して「東京号泣教室」スタート!


2013年9月27日 参照回数:



東京パフォーマンスドール

(上段左から)美波沙南、橘二葉、小林晏夕、脇あかり、神宮沙紀、飯田桜子、(下段左から)櫻井紗季、高嶋菜七、古田新太、上西星来、浜崎香帆 (撮影:竹内みちまろ)



 10人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)のテレビバラエティ新番組「東京号泣教室 〜ROAD TO 2020〜」が、10月から、BSフジ・CSのMUSIC ON!TV、TOKYO MXをはじめ全国で放送開始。2013年9月27日、同番組に出演するTPDと俳優の古田新太が収録前に意気込みを語った。

 TPDはかつて篠原涼子らを輩出したグループで、今年6月に平均年齢15歳の10人により再結成。8月から、歌とダンス・演劇と映像を融合させたデビュー公演「PLAY×LIVE」『1×0』』(プレイライブ『ワンバイゼロ』)を、TPDが拠点とする東京・渋谷区のミニシアター「CBGK シブゲキ!」で約1年間に渡り、継続公演中。

 TPDの初のテレビレギュラー番組となる「東京号泣教室」では、NHK朝ドラ「あまちゃん」の太巻社長役でおなじみの古田が芸能事務所の社長となり、TPDを号泣させながら、2020年に開催される東京オリンピックの開会式でパフォーマンスを披露できるグループに育て上げる号泣バラエティ。毎回、各界著名人をゲスト講師として招き、30分/全25話。

 会見ではまず、TPDリーダーの高嶋菜七(たかしまなな)が、「収録を重ねるごとに、一歩ずつ成長していく姿を、テレビの前のみなさんに見て頂けたら嬉しいなと思います」と収録に臨む心境を語った。以下、メンバーが順番にコメント。

「この番組を通して、グループとしての成長はもちろん、グループの絆をもっと深めていきたいと思います。様々な分野のプロフェッショナルの方から授業を受けることによって、自分の将来のやりたいことをひとつ、ひとつ、増やしていくことができたらと思います」(上西星来・じょうにしせいら)

「色々なことに挑戦していきたいと思います。TPDにしかできない番組を作っていきたいです」(脇あかり・わき)

「初めてのレギュラー番組ですごく緊張しています。でも、10人それぞれの個性が出せるようにがんばっていきたいと思います」(橘二葉・たちばなふたば)

「初めてのレギュラー番組でドキドキ感やワクワクした気持ちでいっぱいです。番組の中で色々なことを学び、成長していけるようにがんばりたいと思います」(美波沙南・みなみさな)

「先代のTPDの先輩方も新しいことをしていたので、私たち今のTPDもこの番組を通して、新しいことに挑戦して成長していけるようにがんばります」(神宮沙紀・しんぐうさき)

「素顔の私たちを見て頂けたら嬉しいなと思います」(小林晏夕・こばやしあんゆ)

「一人でも多くの方にTPDを知って頂けたら嬉しいなと思います。そして、7年後には、超一流のパフォーマンスグループになれたらと思います」(浜崎香帆・はまさきかほ)

「みんなで力を合わせて一歩、一歩、前へ進んで行けたらと思います」(飯田桜子・いいださくらこ)

「こんなにも早くレギュラー番組を持たせて頂けたことと、大先輩の古田新太さんと共演させて頂けることが光栄です。様々な授業を通して、着実に成長していける姿をお届けできたらと思います。視聴者の方にとって、1週間が待ち遠しくなるような番組にしていけたらと思います」(櫻井紗季・さくらいさき)

 会見に出席した、古田は、「この中から誰か一人、篠原涼子が出たらいいなと思います」と期待を語った。(竹内みちまろ)

東京パフォーマンスドール

(上段左から)美波沙南、橘二葉、小林晏夕、神宮沙紀、飯田桜子、古田新太、(下段左から)脇あかり、櫻井紗季、高嶋菜七、上西星来、浜崎香帆 (撮影:竹内みちまろ、2013年9月27日)

東京パフォーマンスドール

(上段左から)美波沙南、橘二葉、小林晏夕、神宮沙紀、飯田桜子、古田新太、(下段左から)脇あかり、櫻井紗季、高嶋菜七、上西星来、浜崎香帆 (撮影:竹内みちまろ、2013年9月27日)


→ 女子も憧れちゃう東京パフォーマンスドールのスタイルの良さ! 圧巻の渋谷O-Eastワンマンライブをみた!!

→ 東京パフォーマンスドールが念願のCDデビュー、篠原涼子らが在籍したグループの名を引き継ぐと決意!


ミニシアター通信