ミニシアター通信 > サブカル


バクステ堀内華央理と寿春歌、舞台「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」に意気込み!


2017年3月20日 21時00分 参照回数:



舞台「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」

舞台「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」 (提供写真)


 3月15日にバクステ外神田一丁目・初のベストアルバム「(1)BEST The バクステ外神田一丁目〜5年がギュッとSP〜」を発売中で、つんく♂作詞・作曲の新録曲「爽やかな風」を含む44曲入りでBlu-ray付きの限定盤BOXがアイドル好きの間で「神作品だ!」と追加注文を受ける好調の中、メンバーの堀内華央理と寿春歌が出演する舞台「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」が2017年3月29日から4月9日まで、劇場MOMO(中野)にて上演される。

 同作は、一つ一つ崩れていく白の感情、一つ一つ湧き上がる黒の感情の操作が壊れていく中、相手を思い、人と繋がろうとする人の感情を描いた現代劇作品だ。

 本番に向けた通し稽古も終了し、堀内は、「この舞台は統合失調症、精神病という重いテーマがありますが、毎日出演者の皆さまと真剣に向き合っている最中です。よりよい作品にできるよう、本番までこの作品と向き合って取り組んでいきます。ぜひ楽しみにしていてください!」と意気込み充分。「役者としては今までにない堀内が観れると思いますのでお時間、ご都合が合いましたら是非、劇場に足を運んでください!」とメッセージを送った。

 「私にとっては3作品目の舞台出演になります」という寿は、「お話の内容は“統合失調症”という100人に1人がなる身近なようで身近でない病気をテーマに人と人との繋がりについて描かれていて、お芝居も今までにないような難しさを感じています。稽古でも『何より気持ちを大事にして』と何度も言われていて毎日のように頭を悩ませながらお稽古に励んでいます」と紹介。

 「短い稽古時間でも、とてもエネルギーを使って疲れてしまいますが、この作品を通じて何か1つ成長出来るような気がして今から楽しみでもあったりします」とにっこり。「“演じるのではなく、そのキャラクターとして生きる。”まさにその通りに板の上で精一杯生きていければと思います。是非、ご都合が合いましたらご来場お待ちしております!」と意気込みを語った。

公演詳細はこちら
https://leido.co.jp/event/3882

堀内華央理オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kaoringo0145/

寿春歌オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/ktbk-h/

舞台「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」 

舞台「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」 (提供写真)

→ 上智大卒で4か国語堪能、バクステ堀内華央理が考えるアイドルとは?

→ 舞台初出演の寿春歌、バクステに掛ける思いとは?

→ 弘松菜摘に直球で質問「アイドルは何歳まで続ける?」

→ 七海とろろ「アイドルはプロの職業」…誰でも成れるわけじゃない!




ミニシアター通信


Copyright(c)2017 mini theater tuushin. All Rights Reserved