高畑充希、神山監督へサプライズ「神山さんの頭の中は宇宙みたい」


2017年3月18日 19時40分 参照回数:



高畑充希

高畑充希 (写真:竹内みちまろ、2017年3月18日、ピカデリー新宿)


 アニメーション映画「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」の初日舞台挨拶が2017年3月18日、ピカデリー新宿にて開催され、俳優の高畑充希、満島真之介、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介、神山健治監督が出席した。

 同作は、『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』の神山監督が描く、父と娘の感動アニメーション。高畑は、主人公・女子高生の森川ココネの声を担当し、ココネとして主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌う。

 「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌うことについて、オファーを受けた段階では、忌野清志郎さん率いるザ・タイマーズが歌う同曲が名曲であることに加えて、声優と主題歌の両方を担当することに対して「盛りだくさん過ぎてどうしようと思って悩んでいました」と明かした。しかし、神山監督の想いや作品と「デイ・ドリーム・ビリーバー」の関係を考えた際に「こらは歌わねばならん!びびっている場合ではない!」と決意し、オファーを受けたエピソードを語った。

 3月20日が神山監督の51歳の誕生日とのことで、イベントではサプライズでバースデーケーキが登場し、「神山さんの頭の中は宇宙みたい。それを少し覗けて、参加まで出来て、幸せでした」などと記された高畑のメッセージ入り色紙が、高畑自身の手から神山監督に贈られた。(竹内みちまろ)

高畑

イベントの様子 (写真:竹内みちまろ、2017年3月18日、ピカデリー新宿)


ミニシアター通信


Copyright(c) mini theater tuushin. All Rights Reserved


PR