夢眠ねむ「全てここで学びました」、メイド社長・hitomiが「@ほぉ〜むカフェ」の人気の秘密を明かす!


2017年3月17日 10時10分 参照回数:



志賀瞳『たった7坪のテーマパーク』

志賀瞳『たった7坪のテーマパーク』


 東京・秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」の社長で現役メイドとしても活躍するhitomiこと志賀瞳が『たった7坪のテーマパーク』(KADOKAWA)を3月23日に発売する。

 創業13年目を迎える秋葉原の老舗メイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」は、2015年には、世界中の旅行者の評価(サービス、コスパ、味など)によって決まる「Trip Adviser」のエクセレンス認証を受賞。メイドカフェとしては唯一の受賞となっている。

 その「@ほぉ〜むカフェ」で12年間メイドとして働き、現在は社長にまで昇りつめたのが著者のhitomi。ビラも配らず、街頭で勧誘もせず、秋葉原に「AKB劇場」が出来ても、客足は減るどころか昨年は過去最高を記録。栄枯盛衰のメイドカフェ業界において、なぜ「@ほぉ〜むカフェ」が支持を得ているのか。

 それは数々の試練を、持ち前のバイタリティとアイデアで跳ね返してきた著者によるところが多い。書はなぜ「@ほぉ〜むカフェ」が生き残り、著者はどんな“変革”をしたのか、を初めて綴ったものである。

 「メイドを日本の文化にしたい」という強い思いを持つhitomi。普通のギャル高校生だった著者が、世界中からラブコールをもらうほどの存在になっていくストーリーは、どんな人間でも「天職」と出会い、“自分次第で運命を切り開いて行ける”という勇気をもらえる。

【帯推薦文】

「愛、表現、人生の心得・・・全てここで学びました。萌え産業が世界を救うって信じてる!」@ほぉーむカフェ卒業生 夢眠ねむ(でんぱ組.inc)

 また、『たった7坪のテーマパーク」の発売を記念記念して、3月26日(日)18:00から秋葉原の書泉ブックタワーにて、サイン会が行われます。

●「たった7坪のテーマパーク」発売記念 hitomi サイン会 概要

日時:3月26日(日)18:00〜

場所:書泉ブックタワー 9F特設会場(千代田区神田佐久間町1-11-1)

【著者プロフィール】

志賀瞳(hitomi):インフィニア株式会社取締役社長。メイド。
学生時代より秋葉原のメイドカフェ「@ほぉーむカフェ」でメイド・hitomiとして勤務する傍ら、「完全メイド宣言」で音楽活動も行う。2005年には同グループとしての活動により「萌え〜」でユーキャン新語・流行語大賞ベストテンを受賞。その後、非メイドのポップロックユニット「TEAM純情」を結成。現在も不定期ながら活動を続けている。2011年以降、海外からのオファーにより様々なイベントにゲストとして出演し、訪問国はアジア、北米、南米など10数か国に及ぶ。2012年より現職。

→ 老舗メイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」に、アイドル好きの女性客が増えている理由とは?

→ 「萌え〜」で流行語大賞受賞の現役メイド社長・hitomi、メイド服での東京五輪聖火ランナーに意欲!




ミニシアター通信


Copyright(c) mini theater tuushin. All Rights Reserved


PR