アキバでメイドさんが大集合、メイリッシュまほれ店長の2016年の抱負は“革命”


2016年2月23日 15時10分 参照回数:



イリッシュ/ごん、まほれ店長、ぽえむ

メイリッシュ/ごん、まほれ店長、ぽえむ (撮影:竹内みちまろ、2016年2月20日、ベルサール秋葉原にて)


 東京・秋葉原のメイドさんやコンセプトカフェの店員さんが大集合するライブイベント「メイドフェス+1」が2016年2月20日、地域振興イベント「アキバ大好き!祭り」開催中のベルサール秋葉原にて行われ、メイドさんたちが熱いライブパフォーマンスを行った。

 3回目となった「メイドフェス+1」では、メイド喫茶「Cafe Mai:lish」(メイリッシュ)、ぴなふぉあ、jam akihabara、橙幻郷、Love Cafe、AKIBAドラッグ&カフェら人気のメイドカフェから選りすぐりのメイドさんたちがステージに立った。ほか、昨年秋に10周年を迎えた「和」をコンセプトにしたインターネットカフェ「和style.cafe AKIBA店」で働く「和茶屋娘」たちは和装スタイルでオリジナル楽曲を披露し、詰め掛けたアキバファンを魅了した。

 2002年開店のメイリッシュからは、「まほれ店長」、「ごん」、「ぽえむ」の3人のメイドさんが登場した。アニメ「STEINS;GATE」(シュタインズ・ゲート)のオープニング曲「Hacking to the Gate」、「Nyan☆Nyan☆Galaxy!」(ニャン・ニャン・ギャラクシー)、メイリッシュのオリジナル曲「レッツサプライズ」の3曲を熱唱し、「ごん」と「ぽえむ」が、メイリッシュの店舗では見ることができない「萌え萌えキュン」を特別披露。ファンもサイリウムを振って、ステージを熱く盛り上げた。

 ステージを終えたまほれ店長に、ステージの感想と、2016年の抱負を聞いた。

 ステージの感想を尋ねると、「なんて説明したらいいのでしょうね。途中で音声が飛んで、セリフが取んで、曲が流れてしまったので、繋いで戻ってくるのが大変でした」と笑顔を見せた。「ぽえむさんがいったんステージからはけて、ごんちゃんと2人で『どうしよう?』、『繋ぐしかない!』と必死にやっていたら、次の自分の歌で歌詞が飛んじゃって。でも、いつもメイリッシュに来て下さる旦那さま(=男性客)とお嬢様(=女性客)が一緒に歌って下さって、温かい声援があったので嬉しかったです」とも。

 第1回と第2回の「メイドフェス+1」では、まほれ店長は、まゆみ副店長と一緒に出演し、まゆみ副店長がコントをリードしたが、今回は、スケジュールの関係でまゆみ副店長が出演することができなかったそうだ。しかし、「2人が頑張ってくれたので」とステージの大成功にほっとした様子だった。

 「メイドフェス+1」でのステージは毎回緊張するというものの、回を重ねるごとに声援が増え、「うちのスタッフの方もいらっしゃって拍手をしてくれました」という。「今回、びっくりしたのがサイリウムを呼びかけて持ってきてくれたことでした。メイリッシュは、ずっと来て下さっている旦那様、お嬢様もいるし、新しい方もいるのですが、だんだん、ずっと来て下さっている方も新しい方も融合してきて、嬉しい気持ちでいっぱいです」と笑顔。

 2016年、メイリッシュでは、年頭に店舗で書き初めを行い、まほれ店長は「まほれレボリューション」と書いたそうだ。「日本語でいうと革命なのですが、お店も変わっていくし、人もウェイトレス(=メイドさんのこと)も変わっていくので、初めての試みを行ったり、会員サービスを一新したりなどを行っています。その他にも改善点や問題点に取り組まないとということがすごくあって」と、様々な革新を考えている様子。「店長になって1年しか経っていないのですが、ウェイトレスの方やスタッフの方たちと一緒に歩んで行けたらいいなと思います。そういう意味も込めてレボリューションと書きました」と2016年の抱負を紹介した。

 また、まほれ店長は、現在開催中のメイド・コスプレ店舗で働く女の子のナンバーワンを決定する「第5回 国民的萌えクィーンコンテスト」にエントリー中。「応援してくださる方もいて、お店も盛り上がっているので、行けるところまで行きたいです。優勝したい気持ちはあるのですが、まずはファイナルの会場まで行って、優勝のことはそこで考えようと思っています」と意気込みを語った。(竹内みちまろ)

メイリッシュ/ごん

メイリッシュ/ごん「萌え萌えキュン」 (撮影:竹内みちまろ、2016年2月20日、ベルサール秋葉原にて)

メイリッシュ/ぽえむ「萌え萌えキュン」

メイリッシュ/ぽえむ「萌え萌えキュン」 (撮影:竹内みちまろ、2016年2月20日、ベルサール秋葉原にて)


→ 2020年のアキバはどんな街? メイド喫茶メイリッシュ・まほれ&まゆみインタビュー


ミニシアター通信