ミニシアター通信 > サブカル


グラドルが店員の常設店舗「発掘!グラドル文化祭」が秋葉原にオープン!


2015年10月2日 0時10分 参照回数:



「発掘!グラドル文化祭」が秋葉原にオープン!
前列左から:手束真知子、澤田百合亜、渡瀬もこ、佐藤ゆうき、宇佐美あいり/後列左から:佐藤ジュリエット、木苺りほ、未莉、早舩奈王子、こうやもゆ (撮影:竹内みちまろ、2015年10月1日、発掘!グラドル文化祭にて)


 東京・秋葉原に、2015年10月3日、店員が全員、グラドルをはじめとするタレントというステージ併設型エンターテインメント店舗がオープンする。

 その名も、「発掘!グラドル文化祭」!

 同店をプロデュースするのは、ミスマガジン2004ミスヤングマガジン賞を受賞してグラビア界で人気を博し、SKE48(チームK2)やSDN48(1期生)でアイドルとして活躍した現役グラドルの手束真知子(29歳)。

 「発掘!グラドル文化祭」で働く初期メンバーは、手束を含め総勢15名(手束真知子、木苺りほ、未莉、渡瀬もこ、こうやもゆ、佐藤ゆうき、宇佐美あいり、早舩奈王子、澤田百合亜、佐藤ジュリエット、茜チュインあい、美玲、真部小夜、MIU、京本葵央)。平日4名、土日5名が出勤するという。

 女の子たちは、ドリンクの提供のほか、フランクフルト(700円/1ポイント)、たこ焼き(1000円/2ポイント)、カレーライス(1200円/2ポイント)、枝豆(600円/1ポイント)などのフードの調理もする。さらに店内には、女の子たちがパフォーマンスをするためのステージと、女の子を撮影するための特設スタジオが設置されている。基本料金(アルコール飲み放題30分2000円/ソフトドリンク飲み放題30分1800円/延長30分各1000円)に、撮影ブースでの撮影料と、パフォーマンスの鑑賞料が含まれる。

 商品やサービスを注文することで顧客が得るポイントは、店舗の壁にある「投票掲示板」に貼ることで、お気に入りの女の子に投票することができる。現時点で、10月3日から年末までの3か月の間に、1000ポイントに達した女の子から、舞台出演(1名)、スマホゲームアプリの声優(2名)をはじめ、グラビア掲載、企業のイメージガール就任などの仕事をゲットできることが決まっている。

 女の子たちも個性豊かだ。最年少の佐藤ゆうき(16歳)はアイドルグループ・sherbet(シャーベット)のメンバーとしても活躍し、佐藤ジュリエットは「怪獣キャラ」とのこと。読者モデル、サロンモデルとして活躍する早舩奈王子は、アイドル経験がなく、メイドカフェなどで働いたこともないそうだ。早舩は「ぜひ、私たちを“発掘”してください!」と笑顔を浮かべた。

 衣装は、お祭り風の法被姿が基本ユニフォームとのことだが、メイドさん風の衣装や水着姿、コスプレ姿でお店に出ることも計画中。ほか、クリスマスなどのイベントも行っていくそうだ。

 ステージで披露するためのオリジナル楽曲は、既に2曲が完成している。「グラドル×日本のお祭り」というコンセプトを歌い上げた1曲は、作曲家の助けを借りたものの、歌詞や構成はすべて手束が製作した。手束は、「楽曲の製作はまったく無知だったのですが、盛り上がれて、楽しい曲を作りたいと思いました。『スシ食いねェ!』みたいな感じで、お祭りのことを全部並べたらいいんじゃないかと思いまして、金魚すくい、フランクフルト、たこ焼き……みたいな言葉をずらっと並べました」と声を弾ませ、「(楽曲の製作は)まったく初めてでしたが、すらすら出てきました!」とにっこり。なお、オリジナルソングの3曲目も製作するとのこと。

 プロデューサー兼オーナーの手束は、同店を開くため、会社を1人で設立した。食品衛生管理者などの資格を取得し、店舗スペースを探し、女の子をスカウトした。開店資金には、写真集を発売して得た貯金を使ったという。「ここからビッグになっていくタレントが生まれて行ったらなと思います」と夢を膨らませた。

 秋葉原では近年、ステージ併設型のアイドルカフェやメイドカフェが増えているが、グラドルに特化した店舗は珍しい。今後、「発掘!グラドル文化祭」が秋葉原でどんなムーブメントを起こすのか。「発掘!グラドル文化祭」からどんなタレントが生まれ、現役グラドルでプロデューサー兼オーナーの手束がどんな活躍を見せるのか。

 アキバで、新たな“ドキドキ”と“ワクワク”を体験してみたい人は、「発掘!グラドル文化祭」へ行ってみてはいかがだろう。(竹内みちまろ)

【発掘!グラドル文化祭】
住所:東京都千代田区外神田3-8-5イサミヤ第2ビル
営業時間:
・水、木、金:17:00〜23:00
・土、日:15:00〜23:00
・月、火:定休日(祝日は不定休)
ホームページ:http://guradorubunkasai.com/

「発掘!グラドル文化祭」が秋葉原にオープン!
屋台/発掘!グラドル文化祭 (撮影:竹内みちまろ、2015年10月1日、発掘!グラドル文化祭にて)

「発掘!グラドル文化祭」が秋葉原にオープン!
撮影ブース/発掘!グラドル文化祭 (撮影:竹内みちまろ、2015年10月1日、発掘!グラドル文化祭にて)


プロフィール&投票掲示板/佐藤ゆうき (撮影:竹内みちまろ、2015年10月1日、発掘!グラドル文化祭にて)


→ アキバの「発掘!グラドル文化祭」がリニューアル!手束真知子が運営をやって知ったこととは?

→ 手束真知子の挑戦、グラドルが秋葉原で壁を超えたい!





ミニシアター通信


Copyright(c)2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved