hitomi&みうめのTEAM純情、約1年ぶりのワンマン開催!


2015年9月24日 19時40分 参照回数:



TEAM純情(hitomi&みうめ)

TEAM純情(hitomi&みうめ) (撮影:竹内みちまろ、2015年9月21日、秋葉原GOODMANにて)


 東京・秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」から誕生した音楽ユニット・TEAM純情(hitomi&みうめ)が2015年9月21日、秋葉原GOODMANにて、約1年1か月ぶりとなるワンマンライブ「TEAM純情LIVE2015〜そろそろやっちゃいますか☆我らの青春!!〜」を開催し、ファンを熱狂させた。

 TEAM純情は、2004年12月に@ほぉ〜むカフェに入店し現在もメイドを続けているhitomiと、踊ってみた動画で大人気のみうめによるユニット。現在は1年に1回のワンマンライブで活動を行っている。

 大勢のファンが詰め掛けた会場で、2人がステージに姿を現すと大声援が起こった。初の試みという「TEAM純情メドレー」や、応援に駆け付けたメンバーを交えての「ハロプロメドレー」なども披露され、ライブは会場は熱く盛り上がった。

 MCでは、TEAM純情のコンセプトがカワイイからカッコイイに変わったり、みうめがメイド服を脱いだことにより「AKIBAメイド革命」などメイドの歌が歌われなくなったことなど、ファンにとっても懐かしいエピソードが語られた。辛いことや、大変なこともたくさんあったというが、hitomiはTEAM純情は「青春そのもの」、みうめは「原点」と、TEAM純情への愛が語られた。

 現在は、@ほぉ〜むカフェ運営会社の社長も務めるhitomiだが、「昔から私のことを応援してくれている人から、ステージに立ってほしい、(メイドとして店舗での)お給仕に入ってほしいと、たくさんの声を掛けて頂きます。うれしい反面、期待に応えられていないのかなと不安になることもありますが、ちょっと前まで、メイドのhitomiとして必要にされていた自分と、今の自分がすごく変わりつつあります」と近況を紹介。「ステージに立っている人が羨ましいという気持ちはあるのですが、もっと違った方法で『がんばってね!』と応援してもらえるような存在になりたいと思って、今、スタートラインに立ってがんばっています」と心境を明かした。

 続けて、「1年に1回ですが、TEAM純情としてステージに立てることにより、がんばってきた当時の気持ちや、みなさんに支えられているなという気持ちを実感することができます。みんなと一緒に集まって、また楽しい時間を過ごせるように、目の前にあることを2人でしっかりとがんばり、2人で再びステージに立つときに、『久しぶりにやるんだ! 絶対、行こう!』と思ってもらえるような魅力的な人を目指して、これからもがんばっていきたいと思います」と笑顔を見せた。

 みうめは、「今は、踊りがメインで、マイクを持って歌うことが少なくなりました」と近況を語った。「振り付けでも@ほぉ〜むカフェで経験したり、勉強してきたことを、今、踊ってみたなどで生かしています。メイドさんを含めて、たくさんの人が、私が作った曲で踊ってくれています。私も、TEAM純情があって今の私がいると強く思っています。解散せずに、このようにずっと残っているTEAM純情を、年を取っても続けたいと思っています」とメッセージを送った。(竹内みちまろ)

TEAM純情(hitomi&みうめ)

TEAM純情(hitomi&みうめ) (撮影:竹内みちまろ、2015年9月21日、秋葉原GOODMANにて)

TEAM純情(hitomi&みうめ)

TEAM純情(hitomi&みうめ) (撮影:竹内みちまろ、2015年9月21日、秋葉原GOODMANにて)

TEAM純情(hitomi&みうめ)

TEAM純情(hitomi&みうめ) (撮影:竹内みちまろ、2015年9月21日、秋葉原GOODMANにて)

TEAM純情(hitomi&みうめ)

TEAM純情(hitomi&みうめ) (撮影:竹内みちまろ、2015年9月21日、秋葉原GOODMANにて)


→ 完全メイド宣言が復活!メンバーは“永遠の17歳”に戻れた?

→ “メイドカフェ文化”の発展のために何が必要? @ほぉ〜むカフェhitomiインタビュー

→ 「萌え〜」で流行語大賞受賞の現役メイド社長・hitomi、メイド服での東京五輪聖火ランナーに意欲!

→ 老舗メイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」に、アイドル好きの女性客が増えている理由とは?

→ 完全メイド宣言、ワンマンライブ開催…“メイドカフェ文化”を世界へ!


ミニシアター通信