秋葉原で「うち水っ娘大集合!!」メイドさんやコスプレイヤーが打ち水!


2015年8月23日 22時30分 参照回数:



うち水っ娘大集合!

うち水っ娘大集合!!2015 (撮影:竹内みちまろ、2015年8月23日、ベルサール秋葉原にて)


 東京・秋葉原の夏の風物詩「うち水っ娘大集合!!2015」が8月23日、地域振興イベント「アキバ大好き!祭り2015夏」が開幕したベルサール秋葉原にて開催された。秋葉原に集まる人々が、メイド服、アニメショップや電器店のユニフォーム姿など様々なファッションに身を包い、打ち水を行った。

 12回目を迎える「うち水っ娘大集合」は、NPO法人 秋葉原で社会貢献を行う市民の会 リコリタが主催。リコリタは、安心・安全をキーワードに子どもから大人まで訪れやすい秋葉原を作るため、環境問題への啓蒙をはじめ様々な活動を行い、秋葉原の発展とイメージの向上を目指す。

 これまで、都市のヒートアイランド対策として「毎年暑い日は打ち水をしましょう!」とのメッセージを呼び掛けながら、メイドさんたちとの打ち水活動を11年間続けてきた。今年から「セカンドシーズン」と銘打ち、参加者はメイド服やコスプレ姿といったそれぞれが好きなファッションで打ち水を行うスタイルに変更。

 当日は、好天に恵まれ、夏の日差しが照りつける中、メイド服やコスプレ姿の参加者たちが「涼しくなあれ」と声を掛けながら打ち水を行い、涼を運んだ。

 昨年は浴衣姿で行った打ち水だが、イベントを終えて、人気のメイド喫茶・橙幻郷の有村詩音店長は、「橙幻郷は2回くらい参加しているのですが、今回、ちゃんとメイド服を着てやれたことが嬉しいです。お店の宣伝にもなりますし」と笑顔を見せた。

 そんな有村店長に、最近の秋葉原の様子を尋ねてみた。「街を歩いていると、外国人観光客の方が多いです。本当に、観光客の方が増えているので、観光地みたいな感じです。アキバじゃない感じです」とのこと。

 秋葉原のメイド喫茶が集まって行う企画としては、合同ライブなどは行われていものの、5、6年前には、秋葉原のメイド喫茶が東と西のチームに分かれてCDをリリースするなどの企画もあったという。「またそういうことがやりたいです」と夢を膨らませた。

 有村店長と一緒に打ち水を行った橙幻郷の姉妹店・幻橙館の鈴峰桐店長は、打ち水ベントは初参加。また自身が店長になってから初めてのイベント出演といい、「打ち水は前からよく見ていたので、出れて嬉しいです」とにっこり。

 幻橙館には朝顔の植木があり水をやっているが、打ち水をするという意識はなかったとのことで、「今日やってみて、朝顔への水やりといっしょに打ち水もやってみようかなと思いました」と環境への意識も高まった様子。

 東京オリンピックが開催される2020年に向けてアキバがどんな街になってほしいかについては、「もっと色んな国の人が来て、グローバルになればいいなと思います」。続けて、「メイド喫茶も大手は英語のメニューがあったりなど英語などにも対応しているのですが、小さなお店ってなかなかそこまで手が周っていないと思います。秋葉原は楽しい所なので、そういった小さなメイド喫茶ももうちょっと外国人の方に優しいお店になっていけたらいいなと思います。そういう努力はしていきたいなと思います」と笑顔を見せた。(竹内みちまろ)

有村詩音店長、鈴峰桐店長

有村詩音店長、鈴峰桐店長 (撮影:竹内みちまろ、2015年8月23日、ベルサール秋葉原にて)


→ 新メイド酒場・幻橙館、制服チェンジで女性客がさらに増加?

→ アキバの隠れ家的メイド喫茶・橙幻郷は、花嫁修業もできる!


ミニシアター通信


Copyright(c)2015 mini theater tuushin. All Rights Reserved.


PR