HoneyHoney横浜店でメイドさんが動物に変身!「ハニハニどうぶつの森」イベント開催中


2015年5月27日 2時30分 参照回数:



HoneyHoney横浜店/めめ

HoneyHoney横浜店/めめ (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)


 メイドカフェといえばアキバ(東京・秋葉原)を連想する人も多いかもしれないが、カワイイ(KAWAII)が文化として浸透している現在、全国各地にメイドカフェは存在し、土地柄や店舗ごとの雰囲気の中で、それぞれが独自の空間を作り出している。

 そんな地域に密着したメイドカフェのひとつ、「HoneyHoney横浜店」(神奈川・横浜市)で、2015年5月25日から28日までの4日間、メイドさんが動物の着ぐるみ姿で給仕をする「ハニハニどうぶつの森」イベントが開催中だ。「HoneyHoney横浜店」は、鉄道各線が乗り入れる「横浜駅」から歩いてすぐの場所にありながら、閑静な住宅に囲まれた落ち着いた雰囲気の一角にある。

 来年3月に10周年を迎える「HoneyHoney横浜店」はどんな空間で、どんな時間が流れているのか。「ハニハニどうぶつの森」開催中の店舗から、横浜店のメイドさんになって3年と3カ月という「めめ」に話を聞いた。

 目の下のホクロがチャーミングな「めめ」に、「HoneyHoney横浜店」の雰囲気を尋ねると、「お昼はまったりとした静かな空間なのですが、夜は逆にワイワイして賑やかになります。日本酒やワインなど、お酒を多く揃えているのですが、夜は、お酒を飲んで楽しく過ごす感じで、居酒屋っぽい雰囲気が出ているかもしれません」と話してくれた。

 客層については、「普通のサラリーマンの方などが多く、一般的な喫茶店や居酒屋の感覚で来て下さる方が多いと思います。アニメが好きとか、アイドルが好きとか、メイドさんが好きとかではなくて、普通の仕事をしていて、普通の趣味を持っている方が多くいらっしゃいます。昼休みにいらっしゃる方もいますし、ノートパソコンを広げて仕事をされる方も多いですし、仕事が終わって一杯飲みに来る方もいます」とのこと。

 「近くに高校があって、高校生の方が普通にご飯を食べに来たり、高齢者の方もいらっしゃいます。常連さんは近くに住んでいる方が多くて、アットホームで、地域の人たちが普通に利用して下さっています」とも。

 そんな「HoneyHoney横浜店」では、働いているメイドさんも「普通の女の子」が多いという。「横浜店のメイドさんは、ヲタク気質の子よりは、普通の女の子の方が多いです。普通の女の子がかわいい服を着たいと思って働いていたり、また、HoneyHoneyでは食事メニューにも力を入れているのですが、普通にごはんを食べに来たらおいしくて、まかないが食べたいからといって働き始めた子もいます。お客さんの中には、“あっ、普通の子がいる!”という感じで接して下さる方もいます」

 ただ、「めめ」自身は、アイドルは詳しくはないものの、アニメやゲーム、マンガが大好きで「ヲタク気質を持っています(笑)」とにっこり。地元神奈川県の出身だが、秋葉原には普段から遊びに行っていたそうだ。「アキバという土地はヲタク文化に触れている土地なので、アイドルヲタクの方などが多いです」、「HoneyHoneyは4店舗(横浜店、秋葉原店、大宮店、千葉店)あるのですが、他のお店を利用されているお客さんが、土日に横浜店に来て下さることもあります。秋葉原店のファンの方から、『横浜店は雰囲気が違うね』と言われることはたまにあります」と語った。

 「めめ」は、都内に行くと、人の歩く速さや、時間の流れる速さなどが違うと感じ、落ち着かない感覚になることがあると話してくれたが、横浜店の魅力を尋ねると、「秋葉原のメイドカフェなどとはまた違って、普通のお客さんが気軽に来ることができる場所で、お酒がたくさんあるので、バーとか居酒屋感覚でも来れるお店です。メイドとお客さん、また、お客さん同士の距離が近いお店なので、色々な人とお話ができるし、メイドもお客さんも、みんなが仲良しになれます。ごはんがおいしくて、普通に食べにくるお客さんも多いです」を笑顔を見せた。

 2020年の東京オリンピックへ向けて、外国人も含めて横浜は観光客らで賑わうことが予想されるが、「夏休みなどになると、横浜店には海外の方もけっこういらっしゃいます。色んな国の文化に触れることができて、メイドとしても楽しいです。メイドさんは服もかわいいし、お話もできます。オムライスにお絵かきをしたりなど、メイド喫茶っぽいメニューもたくさんありますので、ぜひ、横浜店にお越し頂けたらと思います」とメッセージを送った。(インタビュー・文=竹内みちまろ)

【ハニハニどうぶつの森(5月25日〜28日)】

 動物のかわいい、もこもこした衣装を身に着けたメイドの姿を見れます。ランチのイカ墨パスタはレアなメニューで、キャロットケーキというにんじんのケーキもあります。よかったらお店に来て、召し上がって頂けたらと思います!

【HoneyHoney4店舗合同ライブ(8月26日、原宿のアストロホール)】

 8月26日に、HoneyHoney4店舗の合同ライブを行います。チケットは店頭などで発売になりますので、8月26日は空けておいてください!

【HoneyHoney横浜店10周年】

 2016年3月に、横浜店が10周年を迎えます。イベントなど楽しい企画を考えていますので、みなさん、楽しみにしていてください!

HoneyHoney横浜店/めめ

HoneyHoney横浜店/めめ (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)


HoneyHoney横浜店/めめ

HoneyHoney横浜店/めめ (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)


HoneyHoney横浜店/めめ

HoneyHoney横浜店/めめ (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)


HoneyHoney横浜店/めめ

HoneyHoney横浜店/めめ (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)


イカスミパスタ(税込880円)

イカスミパスタ(税込880円) (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)


ペンギンのエサ(ししゃもフライとポテトフライのフィッシュ&チップス/税込580円)

ペンギンのエサ(ししゃもフライとポテトフライのフィッシュ&チップス/税込580円) (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)




キャロットケーキ(税込480円) (撮影:竹内みちまろ、2015年5月26日、HoneyHoney横浜店にて)



→ 現役のメイドさんユニット・HoneyHoneyが「ヨコハマカワイイパーク」に登場!

→ 「萌え」とは何か? @ほぉ〜むカフェのhitomiに聞いてみた

→ アキバの魅力とは? 妹カフェ・プティスールの「あん。」に聞いてみた


ミニシアター通信