「萌え」とは何か? @ほぉ〜むカフェのhitomiに聞いてみた


2015年5月3日 2時40分 参照回数:



hitomi

hitomi (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)


 2014年に10周年を迎えた東京・秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」。そこで働くメイドさんによって結成されたメイドアイドルグループ「完全メイド宣言」は、2005年には「萌え〜」で新語・流行語大賞を受賞し、2007年に、1年7か月の活動期間を経て解散した。

 その「完全メイド宣言」が、2014年の夏から、「@ほぉ〜むカフェ」の10周年を記念して、1年間限定で、2015年の夏まで復活し活動している。2015年4月25日には、復活後2回目となるワンマンライブ「完全おめぇ〜でとう宣言Vol.12」を、東京・秋葉原の劇場「P.A.R.M.S.」にて開催。新社会人や新入生など新しい生活を始めた人を応援し、2015年の干支である羊(の鳴き声)をかけたタイトルとなっており、完全メイド宣言を初期から応援しているファンや、現在の「@ほぉ〜むカフェ」のファン、初めて「完全メイド宣言」を見るファンなどが詰め掛けた。、「メイディングストーリー」や「メイドの新シンデレラストーリー」、「完全メイドのロックリスマス」などの名曲から、2015年元日リリースの新曲「いつもいつもご主人様っ!」などが披露され、熱狂のうちに幕を閉じた。

 「完全おめぇ〜でとう宣言Vol.12」の開演前に楽屋を訪れて、現在も現役のメイドさんとして活躍し、「@ほぉ〜むカフェ」運営会社の社長でもあるhitomiに話を聞いた。



hitomi

ユーリとhitomi (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)


 hitomiが「@ほぉ〜むカフェ」にメイドさんとして入店した当時は、「メイドカフェはすごくコアな世界でした。サブカルチャーとしてもあまり浸透しておらず、一般の人が興味を示さない場所でした」とのこと。「それがこの10年で大きく変わり、たくさんの方から認知され、メイドカフェの存在が当たり前の世の中になったなと思います」と、メイドカフェを取り巻く環境や社会の変化に思いを馳せた。

 hitomiが言うには、「“萌え”という言葉は、人それぞれで感じ方や解釈がちがうんじゃないかな」とのこと。「日本独自のおもしろい言葉だと思います。流行語大賞を受賞してから辞書に載ったのは、ある物や人に対する一方的な愛着心や情熱のような強い気持ち、ということでした」と続けた。「私自身は、小さな子どもや、子猫や、子犬など、自分よりも小さくてかよわいものに“萌え”る属性だと思います。ワンちゃんを見た時に、『かわいい!』、『触ってみたい!』と思うのですが、恋愛的な好きとは違います。かわいいけど憧れとも違うし、“なんだろうこの胸の感じ、きゅんきゅんするな”というのが“萌え”なのではと思っています」と話した。

 「メイドカフェ文化」について質問してみると、仕事でメキシコに行った際の体験を振り返り、「メキシコで触れあった方々には、日本に来たことがないけど、日本が好きで、コスプレが好きで、メイドカフェが好きという方が多くて、なかには、ネットなどで得た情報だけを頼りに、メキシコでメイドカフェを運営している方もいました!」と声を弾ませた。海外に行き、「日本人はほかの国の人に比べて、高いおもてなし精神と、人懐っこさを持っているのかな」と感じたことを紹介。「例えば、旅行先で英語をしゃべれなかったり、向こうの言葉をしゃべれなかったりすると、ちょっと店員さんがめんどくさそうにしちゃうことがあります。忙しいのもあってそうなってしまうというのは分かるのですが、例えば@ほぉ〜むカフェでは、逆に海外の方が来店されたときは、言葉が通じないからこそ、表情だったり、ジェスチャーだったりなど、色々なことから相手が伝えたいことをくみ取って、ご主人様(=男性客)、お嬢様(=女性客)方と積極的にコミュニケーションをとる習慣があり、それを私は誇りに思っています。それと、日本人の女の子って、幼く見えるせいか、持ち前の人懐っこさからか、外国の方からとても人気があって(笑)、それもメイドさんの良さだと思っています」と笑顔を見せた。

 「まだ始まって10数年の歴史ではあるのですが、色モノでも、ブームでもなく、“京都に行ったら舞妓さん”という認識と同じように、“秋葉原に行ったらメイドさん”というように、これから先ずっと、メイドカフェという文化が生き続けたらいいなと思っています」と目を輝かせた。(インタビュー・文=竹内みちまろ)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)

完全メイド宣言

完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2015年4月25日、P.A.R.M.S.にて)



→ 完全メイド宣言、2020年に再復活か「絶対に帰って来る」!

→ 完全メイド宣言、ワンマンライブ開催…“メイドカフェ文化”を世界へ!

→ 復活の完全メイド宣言、7年ぶりのワンマンライブで新曲披露!

→ 老舗メイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」に、アイドル好きの女性客が増えている理由とは?

→ 「萌え〜」で流行語大賞受賞の現役メイド社長、メイド服での東京五輪聖火ランナーに意欲!


ミニシアター通信