秋葉原の老舗メイド喫茶・メイリッシュ、男装で盛り上げるクラブイベント開催!


2015年3月16日 0時00分 参照回数:




左から/桃也、誉 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて)


 東京・秋葉原といえば、メイド喫茶。様々な店舗が軒を並べる中でも、老舗の「Cafe Mai:lish」(メイリッシュ)では、趣向を凝らしたイベントを繰り広げ、訪れる人を楽しませている。

 そして、2015年3月14から15日までの2日間、ホワイトデーイベントとして、2年ぶりに「Club Mai:lish」(クラブメイリッシュ)が開かれた。

 クラブメイリッシュとは、普段はメイド姿のウェイトレスが男装姿で旦那様(=男性客)・お嬢様(=女性客)に給仕する、レアなイベント。いつもとは180度違う「カッコカワイイ」スタイルで、帰宅する旦那様もお嬢様もドキドキだ。

 今回のイベントでは、限定メニュー・サービスやオリジナルグッズが盛りだくさん。限定メニュー(ドリームナイトなど)を注文すると、特別なコールなどで盛り上げてくれる。また、イベント日はランダムで名刺を渡す他、指名もできるなど、普段のメイリッシュとは全く異なる味のサービスが展開された。

 メイリッシュの店長・まほれさんも普段とは全く違うオーラを放っていた。いつもはロングヘアーで、お店のコンセプト通り、”癒し”のオーラを持つ、まほれ店長はショートカットでメガネ・スーツという知的なイケメンに変貌。

 今回のイベントについて、まほれ店長は「分かりやすく言うと、ホストクラブのような雰囲気」と話し、テーマは「男装。普段から男装しているスタッフもいれば、今日だけ男装しているスタッフもいる」と、イベントの魅力を語ってくれた。

 男装のポイントについて、まほれ店長は「『誉(ほまれ)くん』っていうキャラで。生き別れの弟がいるらしいけど、弟も私も天然なんで、そばにいるのに全然気づかない設定です。(スタッフ)それぞれキャラ設定があります」と男装の詳細を明かした。さらに、誉くんについては「まりんちゃん扮するシュウくんに想いを寄せて、お互い惹かれ合っているという設定もありますけどね」と、男性だけでなく一部女子も興奮するような設定まで暴露!

 桃也くんに扮した、ももさんにも男装ポイントを聞いてみると、ももさんの口から「“なんじゃこらぁあ!”」と、松田優作さんの名言が発された。詳しく事情を尋ねると、「本当はファンタスティックホストの設定だったんですけど、仕上げていくうちに、優作っぽくなったっていう話で」と笑いながらに男装の裏話を語った。

 特別なホワイトデーイベントを開催したカフェ・メイリッシュは、普段は癒しの空間。

 メイド歴10年目のまほれ店長から、メイド喫茶を体験してみたいと思っている人に向けてメッセージをもらった。

「一回でもいいから、まずは行ってみる! 怖がらないで、一度おひとりでもいいのでご帰宅(=来店)いただくと、分かっていただけるかなと。癒しとサプライズの空間をモットーに頑張っていくので、食わず嫌いじゃないですけど、一度足を運んでいただいて、それで『良かったなぁ』と思っていただいたら、また再度来ていただくと凄く嬉しいです」

 秋葉原を訪れた際には、一度、メイリッシュにご帰宅されてみてはいかが?(佐東未帆)

<BR>左から/桃也、誉  (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて) <BR><BR>

左から/桃也、誉 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて)


<BR>左から/桃也、誉  (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて) <BR><BR>

左から/桃也、誉 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて)




店内風景 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて)




店内風景 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて)




店内風景 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて)




店内風景 (撮影:竹内みちまろ、2015年3月15日、メイリッシュにて)



→ メイド喫茶・メイリッシュが「A-Live Vol.3」に出演、まほれ店長は生歌初披露

→ 「メイドカフェ文化」とは何か? ぴなふぉあのメイドさんに聞いてみた

→ 復活の完全メイド宣言、7年ぶりのワンマンライブで新曲披露!


ミニシアター通信