秋葉原のメイド喫茶はどんな場所? 橙幻郷の有村詩音に聞く


2015年2月9日 20時17分 参照回数:


橙幻郷、(左から)有村詩音、夕城れな、朝比奈もなか、夢野めろ (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)

橙幻郷、(左から)有村詩音、夕城れな、朝比奈もなか、夢野めろ (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


 オタクや萌え文化を発信する東京・秋葉原。メイド喫茶が軒を並べる場所としても有名だが、メイド喫茶・橙幻郷は、店内に静かな時間が流れ、メイドさんたちもカワイイ子ばかりで大人気だ。

 そんなメイド喫茶は、顧客やメイドさんにとって、どんな場所なのか? 2015年2月7日、秋葉原のメイド喫茶のメイドさんらが集まる合同ライブイベント「A-Live Vol.3」(アライブ Vol.3/ライブハウス「moe farre」にて)が開催された。橙幻郷から、店長の有村詩音、夢野めろ、朝比奈もなか、夕城れなが出演したので話を聞いた。

 超満員に膨れあがった会場でパフォーマンスを終えた4人。夢野は「知っている方も、知らない方も、ノッテくれて凄く楽しかったです!」とにっこり。夢野とお揃いのツインテール姿でヘドバンを披露した有村店長は「久しぶりに踊ったので疲れました」と言うも、「ヘドバンは楽しかったです!」と充実した笑顔を見せた。

 朝比奈と夕城の2人は、この日が、歌とダンスのイベントでの初披露となった。朝比奈は「歌ったり、踊ったりするのは初めてで、めっちゃ楽しかったです!」と、夕城は「初めてだったので、お客さんの多さにびっくりしました。でも、凄く楽しかったです! 普段、お店に来て下さるお客さんの顔がたくさん見えて、嬉しかったです!」と楽しい体験になったようだ。

 そんな4人のステージでは、橙幻郷のオリジナル曲『幻のひと時』が披露された。ご主人様(=男性客)を好きになってしまったメイドさんの気持ちを詠いあげた歌詞が印象的で、気持ちがバレてしまうのではないかと目を合わせるのを恐がる一方、あの子ばかり見ないでよ!と心の中で言葉を投げ掛ける女の子の気持ちが歌われた。そんな等身大の女の子の恋心と、その子にとってメイド喫茶がどんな場所なのかという心意気が併走するストーリーになっており、会場のファンは聞き入っていた。

 有村店長によると、『幻のひと時』は、橙幻郷の女性オーナーが、メイドさんとしてホールに立っていたときの、ご主人様と付き合いたいけど付き合えないという、せつない気持ちを歌詞に反映させたとのこと。

 有村店長にメイド喫茶とはどんな場所かを聞いてみた。顧客にとっては「ずっと忘れられない青春のままの思い出」で、そこで働くメイドさんにとっては「女の子がキラキラしていける場所」とのこと。「メイド喫茶はとてもいい所です。凄く落ち着ける場所でもあり、自分自身の発見にもなり、勉強にもなる場所です。みなさんのご帰宅(=来店)をお待ちしております!」と、メイドカフェファンにメッセージを送った。(インタビュー・文・写真=竹内みちまろ)

橙幻郷


橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)


橙幻郷

橙幻郷 (写真:竹内みちまろ、2015年2月7日、moe farreにて)



→ 橙幻郷ホームページ

→ アキバの隠れ家的メイド喫茶・橙幻郷は、花嫁修業もできる!

→ 新メイド酒場・幻橙館、制服チェンジで女性客がさらに増加?

→ 「メイドカフェ文化」とは何か? ぴなふぉあのメイドさんに聞いてみた


ミニシアター通信