妹カフェ・プティスール、女性客に男装の“弟”が人気!


2015年1月19日 20時19分 参照回数:



めぐにゃん

めぐにゃん (写真:竹内みちまろ、2015年1月18日、ベルサール秋葉原にて)


 東京・秋葉原にある「妹カフェ プティスール」。店舗がある神タワービル4階で扉を開けると、憩いのリビングルームになっている店内から、かわいい妹たちが、「おかえりなさい! お兄ちゃん!(=男性客) お姉ちゃん!(=女性客)」と出迎えてくれる。妹たちとおしゃべりをしながら、ドリンクやフードを楽しめる人気スポットだ。

 2015年1月18日、ベルサール秋葉原で地域振興イベント「アキバ大好き!祭り」が開催され、ライブイベント「北から南からよっしゃぁ〜行くぞぉ〜!!LIVE」が行われた。ステージに、プティスールの人気の妹「めぐにゃん」が出演していたので、話を聞いた。

 「プティスール」の妹たちは、実は、イタズラ好きな妖精さんが作った魔法のクッキーを食べてしまった女の子たち。魔法のために14歳のままで成長がとまってしまっており、妖精さんの魔法は、お兄ちゃんやお姉ちゃんと楽しい時間を過ごすことで解ける。魔法が解けた女の子たちは独り立ちをしていくが、プティスールでは、妹たちのバースデーパーティなど様々なイベントが開催されている。

 そんなプティスールだが、女性客も多いとのこと。めぐにゃんは、「1人で来るお姉ちゃんも多いです。お姉ちゃんの年齢層は、10代の方から、上の方まで幅広く、みんな妹を愛でてくれます。妹萌えは男女問いませんので」とにっこり。また、プティスールでは、男装した妹たちが“弟”としてお店を手伝っているが、「妹が好きなお姉ちゃんは、弟も好きなので、みんなかわいがってくれます」と笑顔。

 めぐにゃんは、アキバのNo.1萌え美少女決定戦「秋葉原的萌えクイーンコンテスト」の決勝大会(2月)進出が決定している。「しっかりしているように見えるのに、よく見ると、どじっ子で、お店ではよく失敗しています」というめぐにゃんだが、「予選の間、お兄ちゃん、お姉ちゃんががんばって応援してくれました。期待に答えるために絶対に優勝して、妹カフェ・プティスールを全国に広めたいと思います!」と、コンテスト優勝に闘志を燃やした。(インタビュー・文・写真=竹内みちまろ)


→ アキバの妹カフェ「プティスール」が癒される! お兄ちゃん限定『妹ちょ。』試写会イベントも開催!

→ アキバの魅力とは? 妹カフェ・プティスールの「あん。」に聞いてみた

→ 老舗メイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」に、アイドル好きの女性客が増えている理由とは?


ミニシアター通信