復活の完全メイド宣言、7年ぶりのワンマンライブで新曲披露!


2014年12月24日 1時42分 参照回数:



完全メイド宣言
完全メイド宣言 (撮影:竹内みちまろ、2014年12月13日、O-WESTにて)


 東京・秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」から生まれたアイドルメイドユニット「完全メイド宣言」。2005年7月16日のデビューシングル『メイディングストーリー』のリリースと共に結成され、デビューからわずか1か月で秋葉原アイドル界の顔となった。2005年のユーキャン新語・流行語大賞を「萌え〜」で受賞。2007年7月25日、人気絶頂時に解散した。

 その「完全メイド宣言」が2014年8月16日、「@ほぉ〜むカフェ」の10周年を記念して秋葉原で開催されたメモリアルライブのために再結成され、2014年8月から2015年8月までの1年間限定で活動することを発表。7年ぶりに復活した「完全メイド宣言」の復活第1弾となるワンマンライブ「完全ただいま宣言 Vol.10」が、12月13日、東京・渋谷のTSUTAYA O-WESTで開催され、7年ぶりの新曲となった『いつもいつもご主人様っ!』が披露された。

 「完全ただいま宣言」には、結成時11人だった完全メイド宣言から、hitomi、ユーリ、未ちか、のん、りり、このみが出演し、解散時は卒業生であったりんご、あやも応援のために駆け付けた。ライブ開始前、楽屋を訪れると、hitomiは「7年ぶりの完全メイド宣言の復活ということでびっくりされた方もいると思うのですが、私達自身もこの1年間を楽しんで駆け抜け、みなさまと残りの時間でたくさんの思い出を作って、さらに完全なメイドになれるようにがんばりたいなと思います」と意気込み。

 ライブが始まると満員に膨れ上がった会場が熱狂。『メイディングストーリー』をはじめ、『完全メイドのロックリスマス』『メイドの新シンデレラストーリー』『新人メイドは胸胸きゅんきゅ〜ん』など懐かしのメロディーを続けた。

 MCでは、「初めての完メドのライブに来た方?』との問い掛けに、1階フロアーのファンの2、3割が手を挙げ、“完全メイド宣言のメンバーたちは本当に仲良しなのか?”を確かめるため、メンバーたちで協力しあって風船を割るゲームなどが行われた。メンバー全員がチアリーダーのボンボンを持ってご主人様・お嬢様を応援する新曲『いつもいつもご主人様っ!』はアンコールで披露。

 あいさつのためマイクを持ったhitomiは、7年前の解散ライブの思い出を語った。「そのときは完全メイド宣言がメイド人生の中ですべてだと思っていました。それがなくなってしまうことが、そして、hitomiがぼっちで残ることが実は凄く寂しくて、解散したくないとギリギリまで思っていました」と当時の心境を明かした。

 「7年ぶりにステージに立てるとは思っていませんでした」と自身でも驚きを隠さなかったhitomiは、「こうやってこのメンバーでステージに立てたことを誇りに思っていますし、諦めなかったら何でもできるのだと思いました」と実感を込めてコメント。「私はずっと、またステージに立ちたいと思ってきましたので、その思いがみんなに通じたのかなと思っています」と笑顔を見せた。

 「今回のこのライブ、そして1年間の限定復活を本当にありがたく受け止めています。完全メイド宣言の活動はまだ続きます。次は@ほぉ〜むカフェで開催されるカウントダウンライブです。アットホームな場所で楽しく盛り上がっていきたいと思います。私達完全メイド宣言の応援を最後までよろしくお願いします」とhitomiがメッセージを送り、ライブは熱狂の内に幕を閉じた。(竹内みちまろ)

→ 完全メイド宣言が復活!メンバーは“永遠の17歳”に戻れた?

→ 老舗メイドカフェ「@ほぉ〜むカフェ」に、アイドル好きの女性客が増えている理由とは?

→ “メイドカフェ文化”の発展のために何が必要? @ほぉ〜むカフェhitomiインタビュー




ミニシアター通信


Copyright(c)2014 mini theater tuushin. All Rights Reserved.