石川県のご当地アイドル・おやゆびプリンセス、あまちゃんロケ地で圧巻のパフォーマンス!(前編)


2014年11月16日 20時10分 参照回数:



石川県のご当地アイドル・おやゆびプリンセス、あまちゃんロケ地で圧巻のパフォーマンス!(前編)

おやゆびプリンセス (撮影:竹内みちまろ、2014年11月15日、アメ横アイドル劇場にて)



 2014年、アイドルファンの脳裏に鮮明な印象を刻んだグループとして、北陸を活性化するために生まれた石川県のご当地アイドル「おやゆびプリンセス」(略称:おやプリ)の名前を挙げる人も多いだろう。

 おやプリは2012年に結成され「北陸アイドルフェスティバル」(HIF)などで活躍してきたが、2014年8月に開催された国内最大級の夏フェス「東京アイドルフェスティバル2014」(TIF2014)に初参戦。TIF2014では、初日の2日にサブステージで行われたコンペティションの「全国TIF盛り上げ女王決定戦」に出場し、観客投票の結果見事優勝。翌日3日に、メインステージでライブパフォーマンスを行った。衣装、立ち振る舞い、選曲など、“魅せる”&”見る”&“見られる”に徹底的に拘ったおやプリのパフォーマンスは、TIF2014メインステージに集まった目の肥えたアイドルファンたちを感動させた。

 おやプリは“除雪アイドル”をコンセプトに活動している。雪深い石川では、電気が無かった時代から、人々が自らの手で雪を掻き分けながら生きてきた。今でこそ、除雪車が活躍することもあるが、おやプリは、古い昔から石川で生きてきた人々の心を“除雪魂”と位置づけ、自らのモットーにしている。現在は12名で活動しているが、遠征には移動車に乗ることができる人数だけしか参加することができないなど困難に見舞われながらも、圧巻のパフォーマンスでファンを確実に増やしている。なお、「おやゆびプリンセス」というグループ名には、親指の第一関節を曲げたときに石川県の形になることに由来する。

石川県の形に! (撮影:竹内みちまろ、2014年11月15日、アメ横アイドル劇場にて)


 そのおやプリが2014年11月15日、東京・台東区の「アメ横アイドル劇場」で開催されたご当地アイドルの祭典「ロコドル☆モーション vol.001」に、移動車に乗ることができた大道澄香、山本夏生、宮腰愛美、表花穂、島田実祐の5名のメンバーが出演。

 ステージに上がる前、「アメ横アイドル劇場」で、2014年の思い出や、2015年の抱負などを聞いた。

 *****

大道澄香:私たちは、除雪魂を背負っています。昔の人は、除雪車など無しに暮らしてきました。そんな人々の強さを背負って活動しています。今日は、会場を精一杯盛り上げようと思います。漫画家の永井豪さんが好きで、自称・永井豪宣伝アイドルと言っているのですが、みんなに“永井豪宣伝アイドル”と認めてもらえるようにがんばります。永井豪さんの漫画では「手天童子」が好きです。( → 山本夏生、宮腰愛美、表花穂、島田実祐のコメントは後編に 


→ 石川県のご当地アイドル・おやゆびプリンセス、あまちゃんロケ地で圧巻のパフォーマンス!(後編)

→ 東京に活動拠点を移した「まなみのりさ」が念願の東京ワンマンを開催…私たちのすべてを見せます!(前編)


ミニシアター通信