AKB48チーム8、「夢にまで見た劇場公演」をAKB48・SKE48劇場でスタート


2014年8月6日 2時44分 参照回数:


AKB48チーム8、「夢にまで見た劇場公演」をAKB48・SKE48劇場でスタート

AKB48チーム8 (撮影:竹内みちまろ 2014年8月5日 AKB48劇場にて)



 各都道府県で開催されたオーディションで47名が選出され、今年5月から「会いに行くアイドル 」として全国各地でイベントを開催しているAKB48グループの末っ子チーム「AKB48チーム8」が2014年8月5日、満を持して、AKB48劇場(東京)とSKE48劇場(名古屋)で、「PARTYがはじまるよ」公演を行った(各劇場16名ずつ参加)。

 AKB48劇場での公演に出演した16名は、冒頭から『PARTYがはじまるよ』『Dear my teacher』『毒リンゴを食べさせて』の3曲を全員で熱唱し、自己紹介とMCタイムに移った。

 その自己紹介では、舞木香純(福島県)は、地元の方言を交えながら、「今日は初公演でとっても緊張しているのですが、ここAKB48劇場での『PARTYがはじまるよ』公演は2006年以来だそうです。私たちがそれをすることができてとても嬉しく思っています」との内容をあいさつ。『PARTYがはじまるよ』公演は、他の公演よりも曲数が少ないとはいえ、2005年12月のデビュー当時からAKB48劇場で公演されていた演目。48グループの原点のひとつともいえる『PARTYがはじまるよ』公演に自分たちが出演していることに感無量の様子だ。

 歌とダンスが好きという濱松里緒菜(徳島県)は、「今日は、夢にまで見た劇場公演です。みなさんに『里緒菜!』と言ってもらえるように、そしてみなさんに楽しんでいただけるように、最高の公演にしたいです」と笑顔。実年齢は18歳だが心は3歳という福地礼奈(佐賀県)は、「すごく近くてビックリしています」と、アイドルとファンの距離が近いAKB48劇場のステージに立った感想を、驚きと感動を交えながら紹介した。合計9曲を熱唱し、2度のアンコールでさらに、『恋する充電プリウス』を含む『メドレー』ら5曲を披露。満場となった250名のファンを熱唱させた。

 劇場を持たずに活動しているチーム8だが、『PARTYがはじまるよ』公演は、AKB48劇場、SKE48劇場に加え、8月12日からHKT48劇場でも開催される。チーム8が今後、どのような活躍をしていくのかにも注目だ。

【チーム8『PARTYがはじまるよ』公演 at AKB48劇場】

出演:舞木香純(福島)、吉川七瀬(千葉)、佐藤栞(新潟)、中野郁海(鳥取)、阿部芽唯(島根)、谷優里(広島)、下尾みう(山口)、濱松里緒菜(徳島)、行天優莉奈(香川)、高岡薫(愛媛)、福地礼奈(佐賀)、岩崎萌花(長崎)、倉野尾成美(熊本)、吉野未優(大分)、下青木香鈴(鹿児島)、宮里莉羅(沖縄)

【セットリスト】

M1:PARTYがはじまるよ
M2:Dear my teacher
M3:毒リンゴを食べさせて
M4:スカート、ひらり
M5:クラスメイト
M6:あなたとクリスマスイブ
M7:キスはダメよ
M8:星の温度
M9:青空のそばにいて
〜アンコール〜
EN1:AKB48
EN2:スカート、ひらり
EN3:桜の花びらたち
〜アンコール〜
EN4:メドレー〜言い訳Maybe、ポニーテールシュシュ、ラブラドール・レトリバー、恋する充電プリウス〜
EN5:心のプラカード


→ HKT48劇場でもデビューのAKB48チーム8、イベント出演が続き注目の的に!


ミニシアター通信