夢みるアドレセンス・荻野可鈴、1st写真集で水着姿をたっぷり公開…「大人っぽい私」に感動!


参照回数:

荻野可鈴

荻野可鈴 (撮影:竹内みちまろ)


 女性5人組アイドル音楽劇グループ「夢みるアドレセンス」の荻野可鈴が21日、東京・神保町の書泉グランデで、写真集「青春〜第二章〜」(ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

 ティーン向けファッション誌の人気モデルらを中心に2012年に結成された同グループ。リーダー・荻野はこの春に高校を卒業。ファースト写真集となる今作は、セーラー服とブレザー姿を中心に競泳水着をはじめとした水着姿をふんだんに収録。入浴シーンや着替えシーンなど写真集ならではのスペシャル企画も満載。

 初の写真集の完成に、荻野は、「タイトルに『第二章』ってあるのですが、『第一章はどこに行った?』とよく言われます。本の中で、『第一章』を語っていますので、本の中で、どこからが『第二章』なのかを探していただけるとうれしいです」とにっこり。また、後半には、黒を背景に映したショットもあるという。「大人っぽい私が出て来るので感動しました」と出来栄えに満足の様子。

 高校の卒業式で答辞を読んだという荻野は、「色々な方に支えられて高校生活を終えることができたのだなと思いました」と学業と芸能生活を両立させた学生時代を振り返った。社会人の仲間入りをする今後は、『女優になりたい!』や、『アイドルになりたい!』という明確に定まった夢はないのですが、どこにたどり着いても初心を忘れずにいたいと思います」としたうえで、「色々なことをやっているので面白い人間になりたいです」と夢を膨らませた。


→ “学年1可愛い女の子”だけで構成された「夢みるアドレセンス」は、無邪気さと大人っぽさを合わせもつ等身大アイドルだった

荻野可鈴

荻野可鈴 (撮影:竹内みちまろ)

荻野可鈴

荻野可鈴 (撮影:竹内みちまろ)

荻野可鈴

荻野可鈴 (撮影:竹内みちまろ)


→ “学年1可愛い女の子”だけで構成された「夢みるアドレセンス」は、無邪気さと大人っぽさを合わせもつ等身大アイドルだった


ミニシアター通信