“整形美女”ヴァニラ、整形は「まつげを着けるのといっしょ」と語る


2013年8月18日 参照回数:



ヴァニラ
トークショーに出演したヴァニラさん (撮影:竹内みちまろ、2013年8月18日)


 “生けるフランス人形”として話題のタレント・モデルで音楽活動もしているヴァニラさん(Vanilla:身長152cm、バスト95cm−Jカップ、ウェスト55cm、ヒップ88cm、年齢非公開)が18日、都内にて、美容整形外科「東京美容外科」の「ヴァニラ美容整形カスタムトークショー」に出演しました。当日の様子をお伝えしたいと思います。

 ヴァニラさんは、テレビ番組『私の何がイケないの?』での整形に関する赤裸々なトークで一躍注目が集まりました。ヴァニラさんのカスタム(=整形施術)履歴の抜粋は以下の通り。ちなみに、施術回数は30回以上で、掛けた費用は2千万円を超えるとのこと。

*ヴァニラカスタム履歴の抜粋
【バスト:元はEカップ】 豊胸(シリコンバッグ挿入)×2
【目元】 埋没法・切開法、目尻切開法・目頭切開法、目袋形成(ヒアルロン酸注入)
【鼻】 プロテーゼ挿入×2
【あご】 ヒアルロン酸注入(随時メンテナンス)
【お腹】 脂肪吸引×2、脂肪溶解注射
【二の腕】 脂肪吸引

 話題のヴァニラさんが来るとあって、会場には大勢のファンが詰めかけました。元々、イベントは小人数を対象とした座談会形式を予定していましたが、ヴァニラに会いたいというファンからの応募が全国から殺到したため、急きょ、大ホールでのトークイベントに変更されたという経緯があります。当日は、ヴァニラさんのトークショー「昨日より好きな自分に変わる瞬間」をはじめ、ヴァニラさんへの質問コーナー、プレゼントが当たる抽選会、ヴァニラさんプロデュースの美容整形無料モニター権の抽選会、ヴァニラさんとの握手会や撮影会が開催されました。

 まず、トークショーから。

 エレガントなドレスを身につけたヴァニラさんが姿を現すと、抽選で選ばれた参加者たちから「かわいい!」の大声援が飛び交いました。中には感動して涙を流すファンの姿も。ステージにあがったヴァニラさんは、「みなさん、ボンジュール!」と挨拶し、会場からは「ボンジュール!」の声が沸き起こります。「よかった、みんなちゃんとボンジュールしてくれて。ありがとう」と笑顔を浮かべました。トークショーが始まります。

 ヴァニラさんは、小学生のときに学校で壮絶ないじめを受けたそうです。「自分はこの顔で生きてきたので気づかなかった」ことを話し、親に相談しても「ブサイクなんだから整形しろ」と言われたエピソードを紹介。「この顔で生きていたらダメなんだ」と思ったとのこと。ただ、家にも、学校にも居場所はなかったとのことですが、「負けたくない」と思ったヴァニラさんは、「何を言われても、1回も(学校を)休みませんでした」と振り返りました。

 初めて整形をしたのは、高校卒業後の18歳の時。まぶたを二重にしました。当時は「普通のアルバイト」をしていましたが、「きれいに成れたと思ったら、ほかも治していきたい」と思い、整形にはお金が掛かるため、「夜のホステス」の仕事を始めました。「きれいになればお客様も喜び、稼ぎもあがりました」と笑みを浮かべ、稼ぎがあがり、整形し、また稼ぎがあがるという「いいサイクル」に入ったとのこと。整形については、「鏡を見た時に、昨日より今日の方がかわいいと思ったら嬉しくないですか」とファンに語りかけていました。

 また、整形を進めるうちに、「周囲の反応よりも、自分が満足できるかの世界に入りました」とも。「もっときれいになりたい」と思うと同時に、「もっとフランス人形に近づきたい」と思うようになったそうです。ちなみに、ヴァニラさんは、「人間らしさ」は求めていないとのこと。ただ、お肉は大好きで、ほぼ毎日食べているそうです。お肉は、赤身だけ食べる、先に野菜を食べる、先にスイーツを食べて脳に満足感を与えるなど工夫をしていることを話しました。なお、ヴァニラさんにとって、ジムに通ったり、医師と相談したりすることに「努力」という意識はなく、「研究」しているだけと話していました。ヴァニラさんは、思考から感覚的なことや感情を徹底的に排除して、科学的に分析しているという印象を受けました。また、東京美容外科の医師へは整形意図や希望する結果などを細かく、かつ明確に伝えるとのこと。トークショーには東京美容外科の医師も登壇しましたが、医師が「できないって言ってるでしょ!」と半ば腹を立てることもあるほど、医師に詰め寄ることもあるそうです。

 そんなヴァニラさんは、なんと現在、恋人募集中。理想は、色白/スタイルがいい/髪の毛が長い/美意識が高い人とのこと。整形については、「抵抗を持つことでもないし、まつげを着けるのといっしょ」「悩んでいるくらいなら、みってみたらいいんじゃないかなと思います」とメッセージを送りました。

 トークショーの次に、来場者からの質問にヴァニラさんが答えるコーナーがありました。「容姿のコンプレックス解消には精神的なタフさも必要と思います。精神的なケアはどのようにしていますか?」との質問に、ヴァニラさんは、「精神的には強くないです」と苦笑い。でも、「目的があってやっていることなので、『そこでめげる所じゃないでしょ』と自分に言い聞かせる」とのこと。また、きれいな人を見ていると「めげている時間がない」とも。ほか、「美容整形をしたその後、一番幸せだと思った事と一番不幸だと思った事を教えて下さい」「自分の容姿にどのくらい満足していますか?」「一番つらかった(痛かった)整形部位、術後の痛みについて」などをはじめ、沢山の質問が飛び交いました。ヴァニラさんはどの質問にも丁寧に答えていました。ヴァニラさんのポジティブ思考といいますか、前向きな言葉と生き様に来場者たちはうっとりしていました。

 ヴァニラさんからのプレゼントがあたる抽選会では、当選者の女性が「すごい感激です。うれしいです。かわいいです」と語っていました。東京美容外科の麻生泰(あそう・とおる)統括院長が5枚のくじを引き、選ばれた5名の中からヴァニラさんが、美容整形無料モニターになることができる権利を得る1名を決める場面では、黙々とくじを引く麻生院長へ、ヴァニラさんが、「もっと、“ジャーン”とかやってよ、先生!」と注文をつける茶目っ気を見せていました。

 最後に、麻生院長から「美容整形は特別な人がやる特別な施術ではありません。普通の女の子が普通にきれいになるという時代がきたのでは」「ヴァニラさんも元は普通の女の子でした」などと語られ、ヴァニラさんは「それぞれが悩みやコンプレックスを持っていると思いますが、一歩踏み出して、美しくなれば見える世界も変わるし、自分自身が明るくなれます。自分が思う道を進めば幸せになれます。みんなできれいになりましょう!」とメッセージを送りました。

 明るくポジティブで、トークも上手なヴァニラさん。マスコミ向けの取材では随所にリップサービスを織り交ぜていました。主観や感覚に左右されず、脳の働きや体の仕組みを科学的に分析することに長け、探求心旺盛という感じを受けました。頭の回転が速く、かつ感情に流されないので、身体に加え、心の方へも目を向けると(すでに向けているのかもしれませんが)、オピニオンリーダーとしても活躍しそうな予感がします。

 本格的なブレイク間近という雰囲気でしたが、ヴァニラさんのこれからの活躍に期待です。(竹内みちまろ)


→ 全身整形のヴァニラ、自叙伝『超整形美人』握手会でファンが「きれい!」と興奮

ヴァニラ

トークショーに出演したヴァニラさん (撮影:竹内みちまろ、2013年8月18日)

ヴァニラ

トークショーに出演したヴァニラさん (撮影:竹内みちまろ、2013年8月18日)

ヴァニラ

トークショーに出演したヴァニラさん (撮影:竹内みちまろ、2013年8月18日)



→ 全身整形のヴァニラ、自叙伝『超整形美人』握手会でファンが「きれい!」と興奮

→ 超整形美人/ヴァニラのあらすじと読書感想文





ミニシアター通信


Copyright(c)2013 mini theater tuushin. All Rights Reserved.