全身整形のヴァニラ、自叙伝『超整形美人』握手会でファンが「きれい!」と興奮


2013年11月08日 2時35分 参照回数:



握手会を行ったヴァニラ

握手会を行ったヴァニラ (写真:竹内みちまろ)


 テレビ番組での整形に関する赤裸々なトークから話題沸騰したモデル・ヴァニラが7日、都内にて、自著『超整形美人』(竹書房/11月7日発売)の発売記念握手会を開催した。白と銀を基調にしたドレス姿で登場し、ファンから「きれい!」「かわいい!」の絶賛を浴びた。

 『超整形美人』は、子どものころに「ブサイク」をいわれてイジメに遭い、18歳で二重まぶたにする整形をしてから、合計で30回以上、総額2000万円以上をかけて整形を繰り返してきたヴァニラが、自らの半生を振り返るフォトエッセイスタイルの自叙伝。

 同書には、生気を感じさせない「生けるフランス人形」を目指すヴァニラの価値観や、究極を追い求めるヴァニラの美意識をはじめ、名前が「ヴァニラ」である理由や、「フランス人形」との出会いなどが紹介され、ヴァニラのすべてが凝縮された一冊。

 また、日本では整形に対してネガティブなイメージがあり、後ろめたさなどから整形を隠す芸能人も多いというが、「美しくなるために努力することの何が悪いの?」と公言してきたヴァニラの社会に対する考えなども記されている。

 握手会に先立ち取材会を開いたヴァニラは、「みんな美しい方が絶対好きだと思います。みんなやさしくなったり、きれいだねって言ってもらえたり、どうやってそのように美しくなったのかを知りたがった人もいました」と、整形をしてから、する前までと周りの人々の対応が変わったエピソードを紹介した。

 整形を迷っている人への助言は? とリクエストされると、「自分自身の気持ちが変わると思います。表情だったり、考え方だったり。世界観が変わり、周りの人も変わってくると思います。美しくなることはすごくいいことだから、悩んでいるのならしてみてほしいなと思います」と自身の体験からメッセージを送った。

 『超整形美人』にはヴァニラが中学生のときに、同時に2人の先輩から告白されたことや、彼とのデートの様子なども記されているが、取材会では、そんなヴァニラへ、恋に関する質問が向けられる一幕もあった。「(現在)好きな人はいないです」と明かしたヴァニラは、気になる人は? とたたみかけられると、「あんまりいないです」とはにかんだ。

 今後については、「カスタム(=整形)に関してはまだまだ自分の理想の形になっていないので、もっと細くなりたいし、顔もちっちゃくなりたい。あとはもっと色々なテレビに出たり、音楽も好きなので、音楽でも挑戦したいという思いがあります」と夢を膨らませた。(文・竹内みちまろ)

握手会を行ったヴァニラ

握手会を行ったヴァニラ (写真:竹内みちまろ)


→ “整形美女”ヴァニラ、整形は「まつげを着けるのといっしょ」と語る

→ 超整形美人/ヴァニラのあらすじと読書感想文





ミニシアター通信