本文へスキップ

ホノルルマラソン挑戦の浅田真央、イベントでは大サービスも!?

2017年10月12日 20時55分 参照回数:

浅田真央

浅田真央 (写真:竹内みちまろ、2017年10月12日、東京・ベルサール六本木)


 4月に選手生活にピリオドを打った元フィギュアスケート世界女王の浅田真央が2017年10月12日、東京・ベルサール六本木にて開催された「ロッテ『キシリトールガム』発売20周年プロジェクト 世界にひとつだけのボトルガム発表会」に出席し、ホノルルマラソン2017挑戦への心境を明かした。

 ロッテは、ガムを噛むことで生み出されるエネルギーで夢のある社会をつくりあげていく「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」を展開中。イベントでは、浅田もデザインに参加した「キシリトールガム」のボトルが披露され、浅田が“非常勤研究員”となって子どもたちの咀嚼力をチェックした。

 自身初のフルマラソンとなる「JALホノルルマラソン2017」(12月10日)に挑戦することが発表されていた浅田は、「もともと走ることが大好きで現役時代も走ってはいたのですが、長距離になると次の日の練習に影響がでたりしていましたので、あまり(長距離を)走ることはなかったのですが、引退したら1回は走りたいとずっと思っていました。ひとつの目標でした。それが今年叶うのですごく楽しみです」とにっこり。「ずっと目標を持ってチャレンジしてきたからこそ、自分はチャレンジしていくことが好きなのだなと改めて思いますし、チャレンジできることがすごく嬉しいです」と笑顔を弾けさせた。

 フォトセッションでは、そんな浅田に、ホノルルマラソン2017への挑戦にちなんで、走るイメージのポーズのリクエストが飛んだ。キシリトールガムのボトルを持っていたため手を使うことができなかった浅田は、ピンヒールにロングスカート姿だったにもかかわらず、片足を上げて躍動感抜群のポーズを決め、笑顔でリクエストに応える大サービス。イベントは大いに盛り上がった。(竹内みちまろ)


浅田真央

躍動感抜群のポーズを決める浅田真央 (写真:竹内みちまろ、2017年10月12日、東京・ベルサール六本木)



ミニシアター通信








運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 






ミニシアター通信(TOP