本文へスキップ

元宝塚“男役トップスター”龍真咲、凱旋公演となる「世界遺産コンサート」で23曲を熱唱

2017年9月17日 23時55分 参照回数:

龍 真咲

龍 真咲(提供写真)


 昨年9月に宝塚歌劇団を卒業しJ-POPシンガーへと転身した元男役トップスター・龍 真咲が2017年9月16日、吉野山「金峯山寺」蔵王堂前特設ステージにて、ワンマンコンサート「金峯山寺ご奉納 龍 真咲『世界遺産コンサート』」を開催した。

 8月23日にファーストアルバム「L.O.T.C 2017」をリリースした龍 真咲にとって、本格的なコンサートは「渋谷・Bunkamuraオーチャードホール」(8月26日、27日/6,000人動員)以来で、関西では、アルバム発売後、初のワンマンコンサートとなった。

 金峯山寺本堂蔵王堂と仁王門は、大和の国 ・吉野山から大峯山山上ケ岳にかけて古代より世に広く知られた聖域・金峯山の中心的存在で、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとしてユネスコの世界文化遺産に登録されている。

 宝塚(兵庫県)で長年過ごした龍 真咲にとって、先人らの多くの想いと歴史の浪漫が交差する特別な空間でコンサートを開催できることは大きな意味を持ち、「地元でもある関西で、このような形で凱旋公演を飾れることは、誇りに感じつつも、事の大きさに改めて身の引き締まる想いです。自分の中にある何かを解き放ち、この場に捧げる事が出来たら良いなと思っています」とコメントしていた。

 午後6時05分、台風18号の影響で降り頻る雨の中、蔵王堂前の特設ステージでバンド演奏による「T.A.T.E 2017」が始まり、煌びやかな着物姿の龍 真咲が登場。駆け付けた約1300人のファンから大歓声と拍手が沸き起こった。

 2曲目「コパカバーナ」では、イントロと共にステージ上で華麗な黒のドレスに早変わり。七色にライトアップされた空間で、まさに舞い降りた妖精と言うべき艶やかなステージを展開。「皆さん、元気ですかー? こんなに晴れて(笑) すっごいテンション上がってます! 龍 真咲世界遺産コンサートにようこそお越しくださいました。皆さんと最高の時間を過ごしたいと思います!」と呼び掛けた。

 この日は、世界各地をテーマにした楽曲の他、アニメやミュージカル・メドレーなどを選曲、時に客席との対話で盛り上げ、後半ではJ-POPシンガーへの礎となったファースト・アルバム「L.O.T.C 2017」から全曲を披露。アンコールのオリジナル曲「Get by me」までのべ23曲を熱唱した。

 「今日は皆さんとご一緒出来て、本当に嬉しく思います! またどこかの世界遺産でお会いしましょう! 愛してまーす!」とメッセージを送り、観客は総立ちで、涙を流す熱狂的女性ファンの大歓声に包まれ、終演を迎えた。

 大舞台を成功させた龍 真咲。今後もヴォーカリスト、アーティストとしてマルチな才能を活かし、舞台・音楽・ファッションを中心に精力的な活動を展開する彼女に注目したい。


龍 真咲オフィシャルサイト

【プロフィール】

 元・宝塚歌劇団「月組」男役トップスター。2001年の初舞台以来、類い稀なルックスと歌唱力で注目を浴び、2012年4月「月組」トップスターに就任、2014年4月宝塚歌劇団100周年記念式典公演では、全5組を代表して主演を務める。唯一無二の輝きと麗しさ、自由奔放な発想で、その後も多くの新しいファン層を掴み、宝塚歌劇新世紀を創り上げる。2016年9月4日、織田信長を演じて男役を全うし、8000人のファンが見送る中、宝塚歌劇団を卒業。現在はヴォーカリスト、アーティストとして、舞台・音楽・ファッションを中心にマルチな才能を活かし、多方面から期待を寄せられている。



→ 元宝塚“男役トップスター”龍真咲、女性シンガーとして関西で初歌唱「これからもしっかりとアピール」!



→ 龍真咲、「ヴェルサイユ宮殿」の魅力語る…公式写真集発売記念イベント



ミニシアター通信



龍 真咲

龍 真咲(提供写真)

龍 真咲

龍 真咲(提供写真)



→ 元宝塚“男役トップスター”龍真咲、女性シンガーとして関西で初歌唱「これからもしっかりとアピール」!



→ 龍真咲、「ヴェルサイユ宮殿」の魅力語る…公式写真集発売記念イベント



ミニシアター通信








運営者

株式会社ミニシアター通信

〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-14-16-202
TEL.03-5710-1903
FAX.03-4496-4960
→詳細(問い合わせ) 






ミニシアター通信(TOP